プラモやらないか?

F1や自動車系模型製作メインの萌え度0の駄ブログです

フジミ ブラバムBT46B

フジミ ブラバムBT46B LAP16


久々のブラバムです。
ちまちまとイジってましたヽ(*´∀`)ノ


005

カウルがどうも浮いてしまうので
ネオジム磁石でカウルがつくようにします。

006

このようにカウルが浮くことがなくなりました☆

007

ノーズとの段差もパテを盛りそれとなくなだらかにします

002
003

フロントのステー、折れちゃったので真鍮線(0.8mm)に交換
もうちょっと細かった方が良かったかも

004

サスペンションもキットのままでと思いましたが
ここは金属の物に変更しようと。
まずダンパー部の元は1.0mm、アーム部は0.8mm真鍮線に変更
ダンパー部はまだこれからです

008

リアのサスペンションはアルミパイプに交換 
アルミパイプ2.0mm&1.0mmで。
一部プラ棒で新たに新造してつけました(白いのがそれ)

009
010

リベットをインセクトピンにかえてつけてみました
まぁこれぐらい時間かけてつけても
完成しても目立たないんだけどね (笑)

 
自動車模型 ブログランキングへ


フジミ ブラバムBT46B LAP15


IMG_1057

IMG_1061

カウルに出ている突起物(エアインテークパイプ)
キットのだと接着とか面倒な事になるのは目に見えているので
H2をアルミパイプでH3を真鍮線に置き換えました☆





 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP14


某サイトで(某アマOンではない)
フジミのエッチングをオーダーしたのですが
なんせ年の瀬でしたので受理するのは3が日終わってからだと(笑)
発売した直後に買っておけばよかったかなぁ〜

その前にファンのつくりも
キットの組み方と実車とはなんか違うらしいので

IMG_1045

最後のフィン部の真ん中をくり抜きます。
でも真ん中のモールドは使えるので傷つけないようにくり抜きます。

IMG_1046

IMG_1047

本格的に弄るのはエッチングが届いてからだな
(というか在庫があればの話だけど・・・・)

IMG_1048

シートですが実物は開口されている穴(これなんて言うんだろう?)
キットのはモールドだけにとどめてますので開口しましょう
そしてシートベルトつけるのでそれ用の穴も開口

IMG_1049

ちょっとズレちゃったけど(笑)
まぁなんとかうまくいきました☆









 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP13


IMG_1041

シャシー上のモールド
だったらここのパイピングも別パーツ化してもらいたかったな

IMG_1042

IMG_1043
 
ノミで他の部分に傷つけないようマスキングテープで保護して
ペーパーがけで整えます。

IMG_1044

あとでパテ盛りして完全に綺麗にします。






 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP12



バルジ改修中の続き

IMG_1050

手前がフジミキットのバルジ
中が自作したバルジ
これをプラ板炙ってヒートプレスして複製したのを
カウルに埋め込むという作業です

IMG_1051

結論からいいますと失敗でした(笑)
ヒートプレスした時枠を作らなかったので
完全にコピーできませんでした。
しかも大きすぎたので上の部分を切り
プラ板を貼り付け余計な部分をカットします

IMG_1052

IMG_1053

加工したのがこちら

IMG_1054

IMG_1055

しかし、なんかバルジが大きすぎると感じて
せっかくだけど形状が気に入らないので裏側からアルテコ盛って
ペーパーで削りまくる
IMG_1056

んでカウルの淵を残しておいたのを貼り付けて瞬着、アルテコで
隙間を埋めてペーパーがけ

IMG_1058

IMG_1059

完璧とはいかないけどちょっと雰囲気は近づけたかと・・・
一番は実物みて事細かく観察したいんだけど(無理だっぺ)







 



 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP11


IMG_1036

カウル側面のNASAダクト、
きっとのはなんだかただの凹みにしかみえない
そこで思い切って開口しました。

IMG_1037

裏から0.5mmプラ板を貼り付けて終わり☆

IMG_1038

ヘットレス近くにある開口部
開けすぎたのでエポパテで修復。
完全に硬化するまで待つことにします。

IMG_1039

流速計用のバルジ
中は空洞なのですがバルジを貼るだけ。
けど、いろいろ調べて他の製作している方のブログを閲覧していたら
フジミのはなんか大きいらしい(MFHさんのキットのがちょうどいいみたい)
のでエポパテで作り直す事にしてこれをベースにヒートプレスしようとおもいます。



   
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP10


さて、年明け後もBT46Bです。


IMG_1021


ファンの接続。
ダボ穴とかではどうも不安でしたので
真鍮線で補強します。

IMG_1022

ぐらつくことは無くなりました。

IMG_1023

ファンに関しては造形的には満足ですが
やはりエッチング購入しようと。
通販でオーダーしましたが、その前に在庫あるのかなぁ〜

IMG_1024

で、BT46Bにはギアボックス上のオイルクーラーがない
そしてブレーキもカーボンでなく前後ともにスチールディスク
なんと、スウェーデンGPやその後のノンタイトル戦でネルソン・ピケのドライブした時も
スチールでした・・・

8570032739_0905971f9a_b

121

フジミよ、どうしてこうなった?

まぁフジミのケアレスミスは今に始まった事ではない
ともかく、オイルクーラーは付けてないんなら
そうしましょうということで、ギアボックス上の接続部を削り取ります。

IMG_1035


さて、こうなったらいじくり倒しまくろうかと覚悟しないといけませんね。


 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP9


エキパイですが後々また例の雑誌でチェックしてみると

IMG_1003

IMG_1004

これは現在のBT46Bで細部は当時のとは変更になっている箇所もありますが
エキパイ出口はこのようにステーにくっついた状態になっているので
前回248F1はカウル固定にしたのもあって開けられるようにしようってことで

IMG_1005

それと自分の組み方がまずかったのか
エキパイの出口までの長さが個々に違うので
これも改良しようと思います。

IMG_1006

1mm真鍮線を補強に入れつつこのように長さを合わせます。

IMG_1011

出口周辺は段差になってますが
キットのは浅くなってます。さてどうしましょうか

IMG_1007

出口下のエキパイにエポキシパテをつけて
カウル部裏にメンタムをつけリムーバー替わりにして押し付けます。

IMG_1008

片側だけですがこのようにけがきバリ、エッチングソー、デザインナイフで
丁寧に切り抜き、切り抜いた部分もちゃんと整形します。

IMG_1009

はいこのようになりました。
自分が思い描いた通りになって満足☆
よぉし、俄然やる気が出てきたぞぉ〜(*´∀`*)





 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP8


さてまたブラバムです☆

IMG_1002


カウルのパーティングライン

600ぐらいのペーパーをかけて落としたかったのですが
ペーパーがけでは埋まらないのでプラパテつけて乾燥後
400ぐらいので。あと段差とかヒケを起こす可能性もあったけど
パテ埋めしてしまったので。あとでヒケ起こされるのが怖いのですが

アルテコで埋めればよかったなぁ・・・


今日は短いですがここまで☆




 
人気ブログランキングへ

フジミ ブラバムBT46B LAP7


IMG_0987

エキパイ、抜きの関係でモールドが浅い箇所を修正しました。
パーティングラインもこの時点で修正しました。

が、ペーパーかけていたら・・・

IMG_0988


・・・・・・(´;ω;`)

これではいかんと思い真鍮線で補強しました。
4本とも補強入れたので組立中に折れる確率は減ると思います。

IMG_0984

こうするとエンジンらしくなります。
でもサスアームやアップライトとか付けてないので
クリアランスとか大丈夫かなぁ〜

IMG_0989

仮組みするだけで時間めっちゃかかりました(((( ;゚д゚)))
が、なんとか干渉しないようにエキパイを這わせられました。

IMG_0990

エキパイはこれでいいかと。
少しずつですか進めていこうと思います☆




  
人気ブログランキングへ





1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ
1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー] 

フジミ ブラバムBT46B LAP6






またまたBT46B
全く進んでないんですけど(汗)


  
人気ブログランキングへ



IMG_0981

エンジンとギアボックス周辺を
先にサフ吹きしておきます。

IMG_0983

少しはパイピングしちゃおうかと思います。
さて、どうパイピングしようかな?

ブレーキパットはどうやらキットのが正解らしいです

8571126902_b5224ee1f2_b

BT46はカーボンブレーキ初採用してます。
放熱用のスリットが空いてるはずと思ってましたが

この画像は提供していただいた物ですが
ごらんの通りです。

bt46b_10A

こちらは最近のイベントでのBT46B
普通のブレーキディスクに変更されてます。


とりあえず、キットのままでいいとわかったけど
キャリパーは別パーツ化して欲しかったな・・・



  
人気ブログランキングへ




1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ
1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー] 

フジミ ブラバムBT46B LAP5



さて、年内完成は考えてないのですがBT46B
なるべく進めちゃおうということで(汗)


  
人気ブログランキングへ



IMG_0977

ファン部を付けてみました。
けどすり合わせがキツくて最初入ってくれませんでした。
ファンのパーツとカウルもある程度磨いてハメられました。
何度も仮組みしてみますが
なかなか進みません。


248F1で懲りたのに
また神経衰弱することになるとは・・・


IMG_0975

補強もこの時点で入れておきます
ダボ穴も浅いのでこれぐらいしておきます。







まだまだ続くよん☆









  
人気ブログランキングへ




フジミ ブラバムBT46B LAP4





久々(本当に)なBT46B
全く進んでないというか間空き過ぎだよ(汗)


  
人気ブログランキングへ



本当はちゃっちゃと塗装してぱっぱと仕上げたいのですが
バリやすり合わせとかで時間かかっちゃいますね。

IMG_0974

一番の注目ポイントでもあるこのファン
ダボ穴だけでもはまりますが固定できないので
これはなんとかしないと。という事で真鍮線で補強

IMG_0973


今回ファンをはめて見たのですが
これも微調整に時間かかりました。
まぁ雨降っているので塗装できる状況ではありませんけど

IMG_0976

どうせカウルとかエンジン上に大きいラジエーター等で
パイピングしても隠れそうだし
ストレート組みでいいかも(妥協)
どうせ上手い人がクオリティ高いの作るんだし。
自分は気楽にゆっくり進めようと思います☆


  
人気ブログランキングへ







フジミ ブラバムBT46B LAP3

どうも今晩は☆
上野公園で夜桜堪能してきた管理人です☆

IMG_0183

足回りですが、かなり精度もいいですが
仮組みした際、パーツが意外にもキツキツでしたので
あるていどペーパーがけしておいた方がいいみたいです。


IMG_0179
 
IMG_0180

ともかく、ギアボックスとエンジンは接着しました。
ただし、カムカバーは接着せず。
ギアボックスとエンジンをつなぐドライブシャフトみたいに
真鍮線とプラ板とポリキャップで軸受つくってみましたが
もうちょっと補強つけようと思います。

IMG_0182

でも残念という点はブレーキ。
BT46はカーボンブレーキを初採用したマシンでありますが
ディスクが薄い。
放熱スリットがないんです。
これは他のキットでは二枚パーツとかパットを別パーツ化して貰いたかった。
うーん、フロントも薄いし。
他キットからスワップしちゃうか思案中でございます(´ヘ`;)
 

1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ

1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー]





出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

フジミ ブラバムBT46B LAP2

どうも皆様今晩は☆
今シーズンのF1、ライコネンの次はアロンソに勝ってもらいたい管理人です☆


さて、ボディだけでなく今度は足回りと4輪がちゃんと接地するか視てみました。

IMG_0171_2

テープでベタベタってくっつけました。
接着剤点付けでも良かったけど、あとで処理面倒だし

IMG_0173

一番苦労したのは後方カウル
取り付けダボはあるのですがちゃんとハマリにくい・・・
エンジン、ギアボックスは組んだのですがファン部分はまだ組んでません。
タイヤは不安でしたがちゃんとホイールにハマってくれたので安心。
んで足回りもアライメントはちゃんとしてました。

IMG_0174

 
フロントウイング、サイドのフィンは組んでませんがダボ穴に入りました。
IMG_0175

IMG_0176

IMG_0177

うーん悪くない。
さて、多分studio27さんからエッチング出そうだけどフジミも用意してくれるみたいですし
今後の展開に期待してます。

 








1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ

1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー]





出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

フジミ ブラバムBT46B LAP1

さてさてみなさんこんばんわです☆
今日、健康診断で「ダイエットして下さいね(*´∀`*)」と言われた管理人です(´;ω;`)

昨日届いたブラバムBT46B、まずメッキパーツをホイール、ファンネル以外は
キッチ〇ハイターを薄めた水に漬けて半日漬けておいて放置しておきます。

IMG_0170



メッキが多少残ってますが許容範囲です☆


さて早速バリなどを取り除いてエンジンとミッションを仮組みしてみました。
まだ接着しないで何度も確認の意味も込めて。
でもちゃんと精度もあってはめ込みだけで十分でした。
早速接着したい衝動に駆られましたけど(笑)



kawaharaさんがMGで「二つキットを買って一つは一度何も考えずに組む」という
ブルジョワな方法もしたいのは山々ですが、なんせ給料前なんで(笑)
一つで我慢。その後製作で出費も考えてとりあえず今は一つで我慢ですね。



取りあえず今回はここまで☆

 








1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ

1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー]





出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

フジミ ブラバムBT46B キットレビュー☆

昨日、某サイトから連絡入って以来
早く仕事終わらないかなぁ〜ってうずうずしてました☆

そして暴風雨の中、混乱もなくなんとか無事帰宅して

IMG_0154


ブラバム、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!


今日は健康診断の為有給使わせてもらったので早速キットレビュー行くぜッッッ

IMG_0155

箱を開けてみると
タミヤのよりパーツ多い感じ。成型色が白と黒の二色というのに違和感。
あとバイザーはクリアブルーというのに好感。
出来ればドライバーフィギュアもつけてほしかったというのが本音。

IMG_0156

デカールは塗装派の事も考え、ちゃんとロゴだけのも用意されてます。
IMG_0157

エンジン、エキパイ、ホイールはメッキ仕立て。
はがすの面倒だなぁ〜

IMG_0158

パーツは細部までいきとどいてとりあえず満足してますが
リアブレーキのローターとキャリパーはそれぞれ別パーツ化してもらいたかった。
ボディにちゃんとリベットが施されている事に関心しました。
フジミの本気度が感じられます。

IMG_0161

通称ポリバケツの蓋(笑)ことファンカバーまでパーツ化されているとはっ(笑)
これはディオラマしたい人には嬉しいパーツでないでしょうか?


んで早速、仮組み開始☆

IMG_0165

IMG_0166

IMG_0167

歪みとかもなくちゃんとダボ穴にハマって補強なしでも十分でしょう。
外見も細かいリサーチが行き届いて予想以上に出来がいいので驚いてます。
こだわる方は「ここが違う」「あそこが違う」と言う方もいるかと思います。
自分がカウルに関しては満足しているのでそのまま進めようと思います☆

で、日曜買ったタミヤ製のと比較。

IMG_0168

IMG_0169

タミヤ製はキット化されて何年も経っているので比較にならないと思いますが
やはりリファイン化してもらいたいですね。
ただエッチング付けるだけでなく全体をリニューアルした新規設計で。


ともかく、フジミは今回いい仕事してくれたので満足してます☆
さて、色とか準備して製作に入りたいですね☆


1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ
1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー]





出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

BT46B製作用の資料を集める

さて、今月中旬には発売になるフジミのBT46B。
困ったことにファンカーにクローズアップした資料が手元にないという事に気付きました。
そこでネットで検索してたら出てきました、例の雑誌が(笑)
というわけで、某アマゾンで取り寄せました、

IMG_0126

F1モデリング vol.44

BT46Bはもちろん、BT46の資料写真や
ファンカー唯一出走した1978年F1スウェーデンGPレポも掲載されてます。

IMG_0127

現在でも海外のイベントでデモランやっているファンカーの細部写真。
当時と基本的に変わってないでしょうけど、当時と変わっている箇所とか
見定める必要はあるけど、こういう細かいところまで解るのは助かります。

IMG_0124

あとはこれぐらいあれば大丈夫だと思います。
YouTubeでも実際走行しているファンカーの動画もありました。
うーむためになるなぁ~☆

1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ
1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ [おもちゃ&ホビー]


    出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

たれてきたのでブラバムBT46Bについて調べてみた☆

このタイトルだけで何人の方から笑いを取れるのかっ?(笑)



どうもこんばんはです☆
皆様、いかがお過ごしでしょうか?管理人です(*´∀`*)


さて、衝撃(でもないかも)の発表から
フジミ模型からのブラバムBT46Bのリリース発表


img_734_96563_1



 













どうしてこのマシンが誕生したか
それはちょっと1978年シーズン前に当時ブラバムチームが
フォードV8 DFVからパワーはあるが幅を取るし重量もある
アルファロメオ水平対向12気筒にスイッチしなければならなくなった事から始まります。

独特の三角形断面なシャシーはDFVのVバンク90°な断面形状角度に合っていて
空力的に優れた性能を示した。だか今度は水平対向12気筒。
V8よりもパワーはあるが重量バランスでかなり苦戦するのは目に見えている。
そこでデザイナー、ゴードン・マーレーさんは、ボディ全体で冷却できるマシン
通称「表面冷却カー」を生み出しました。

img187

























これがその表面冷却カー。
だけどテストドライブ数週でオーバーヒートしました。
原因はやはり冷却効果の低さ。マーレーさん曰く。
「冷却効果を得るためにはロンドン2階建てバスと同じぐらいの面積が必要」

かくして表面冷却を諦め導入したのがブラバムBT46。
そしてシーズンが進み第6戦ベルギーGPでロータス79がデビュー
やがてロータス79の強さに各チームが対策を強いられる事になり
そこでまたマーレーさんは奇策を打ち出したのがBT46Bファンカー
特徴はその大きいファン。ファンはミッションから動力を得ているので
アクセルをブリッピングするとファンが可動し車体したの空気を吸い上げ
それによって車体が路面に吸い付くように走行できる。

原始的なアクティブサスみたいだなぁ〜(乱暴な感想)

8289726607_b1d50c09c3_o
















デビューはその年限りになったスウェーデンGP、場所はアンデルストーブ
サーキットに現れたBT46Bを見て他のチームから
「あれ、これってレギュレーション違反じゃね?」
当然の如くな反応。でもマーレーさんは(ファンは)冷却用だよと突っぱねた。


予選はPPはロータス79(アンドレッティ)に譲ったものの
ラウダが2位、ワトソンが3位と上位を占めそして決勝

o0600040510285400941

















決勝でもラウダはファンカーで快走を続け、ついに
アンドレッティが駆けるロータス79から首位を奪いそのまま優勝。



しかしこの一戦かぎりでファンカーは出場禁止となりました。



理由はやはりそのファンが規定違反とみなされやむ無し。
しかもワトソン車がスピンした際に大量の土煙を立ててしまった。
その特製ゆえ一旦コースアウトするとたちまちおびだたしい量の砂や土を
吸い込み後部ファンからそれを大量に吐き出してしまった。
当然コースは砂で一杯になる。他のドライバーをかなり危険な目に
合わせかねないという懸念もあったのでしょう。


ちなみに2位は後の「F1界の衣笠」と言われる事になるパトレーゼ。
3位は地元だったのにパトレーゼにブロックされまくってたロニー。
まだこの頃かなりなにわナンバー的な荒っぽいドライブだった
パトレーゼさん、後のイタリアGPでロニーの死亡原因と
全ドライバーからスケーブゴートされる事になってしまいます。



さて、どういう構造なんだろう?と疑問に思うかたも
おありかと自分も実物をお目にかけた訳ではないのですが・・・・

bt46b3




















(画像は拾い物ですが・・・・)
まだフラットボトム化以前、車体下はエンジンまでアンダートレイで覆わなかった時代
冷却もかねてエンジン下は剥き出しになってます。
ファンカーは車体下をスカートで隠してその下の空気をファンで吐き出します
掃除機と同じ理論です。

k269k












00010436_photo1

















画像はモデルファクトリーヒロさんのキットですが
カウル分割はこうなっていると思います。




さてフジミのキットはどんな内容なんだろう。
田宮のBT46、一度作ってオシャカにしたので(汗)
ジャンク品からパーツスワップしてもいいし、今から計画立ててます(笑)





という訳で今回はここまで。
長ったらしい駄文にお付き合いしていただいて本当にありがとうございますm(__)m




1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ



出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

[新製品] フジミ ブラバムBT46B 予約しました

※日にち間違えてエントリーしました(((( ;゚д゚)))
本当は今日の記事だったのでエントリーし直します



1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ

1/20 グランプリシリーズNo.49 ブラバム BT46B 1978 スウェーデンGP#1 ニキ・ラウダ


どうもこんばんは☆皆さん、模型作ってますか?管理人です(*´∀`*) 

さて、皆様も驚いているかと思いますが
最新F1を出して我々の度肝を抜いたフジミがまたやってくれました。
一度扱ってますが新製品、ブラバムBT46Bファンカー
前にティレルP34 1977年日本GPもロニー、パトリック両ドライバー用に
それぞれパーツ内容が異なったキットになってましたが
BT46BもカーNo.1 ニキ・ラウダ、カーNo.2  ジョン・ワトソン用に
キット内容を変えてリリースしてます。
どこが違うのか、ホイールの形状と付属デカールの内容
だという事しか今のところ情報が入ってないのでなんとも言えません。


ともかく直に手にして箱を開けてみないとわかりませんので
早速ですがラウダ仕様ですが一つ予約しました☆


来月中旬には発売予定ですが手に入り次第
当ブログで紹介しますのでこうご期待♪(* ̄ω ̄)v



出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)
livedoorプロフィール
Twitter プロフィール
いろいろぼやいてます(笑)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリー
    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
    livedoor 天気
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ