プラモやらないか?

F1や自動車系模型製作メインの萌え度0の駄ブログです

自動車模型

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダ 第6話「新規投入」




自動車模型ランキング

2019年もあと一ヶ月
そして今年はリア充が喜びそうなクリスマスが(リア充タ〇ね)
タイムリミットが迫りつつある中、何とかしなければと

ついに購入しました。これを↓

IMG_7030

IMG_7031

モデラー御用達、山善のYDA-500W
最近まで市場に出てなかったらしく
プレミアム価格かかってたらしいですが
ヨド〇シで6030円で販売されてたのでこの機会に購入。
置き場所に困ったけど何とか設置。
早速試運転しましたが、めっちゃ乾燥してくれます。
買ってよかった(*´ω`*)

んで本題

IMG_7032

ウイングの翼単板、接着でなくネジで止めようと
東〇ハンズで精密さらビスを購入

IMG_7033

ウイングのモールドを基準にして0.4mmで穴開け
そこを0.8mmで開口してそれをビスで締めてます
微調整で穴がズレましたがアルテコで修正

IMG_7034

こうすれば垂直が保てるしビックスケールは精度が大事だし
これはやってみて良かった(*´ω`*)

IMG_7035

ようやくここでカウルの塗装に突入
白専用のエアブラシが欲しかったのでこれも購入
タミヤのスプレーワークHGシングルエアーブラシ
カップ容量が15ccが購入の決め手だったけど
今までダブルアクションの使ってたので勝手が違います。

IMG_7037

で、塗装
使用塗料はファンデーションホワイト
塗料と溶剤の比率は1:1で吹付け
ホコリが付着してもあとで処理するのでそのまま

IMG_7036

早速乾燥ブースへ
これでしばらく乾燥させます。けどこれずーと温めないとアカンの?
電気代の事も考えないといけないが致し方ない。
目的の為、あらゆる手段が正当化されなければならないし
(という事にしておこう)


という訳で今回はここまで☆

キ〇コの飲むウドの珈琲は苦い
(銀河万丈さんの声で)









人気ブログランキング


模型・プラモデルランキング


人気ブログランキング  

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダ 第5話「虎視眈々」




自動車模型ランキング


ともかく進めないといけないけど
このところ仕事が忙しくて眠い
寝る少しだけ手を動かすという毎日です(´-ω-`)

IMG_7021

IMG_7028

カウルの処理は終わりました
軽~くサフ吹いてチェックしてます

IMG_7022

シールドスクリーンのリベット、虫ピンに交換するんで
モールドを切り取りそこをピンに合わせて開口
カウルにもそれをゲージにして開けてます
ミラーステーは前半風に細い棒状に変更
0.8mmだけどもう少し細くした方が良かったか

IMG_7023

オンボードカメラも付けられるように

IMG_6962

IMG_6963

リアウイング
実は全く進んでない(汗)
翼単板はキットのをゲージにして少し拡大してこれで行こうかと
思いましたが初期タイプにしようとこれから作成(滝汗)
日曜ゆっくり作ろうと思います

IMG_7025

各フラップはキットを加工して
けど表面がなだらかでないのでこれもリテイク(´;ω;`)

IMG_7029

早速サフ吹き開始
けどめっちゃ大きいから持ち手もいろいろ試行錯誤
アンダートレイに使ったのはヨーグルトの容器
あと画像はありませんがサスアームは全て塗装し終えてます。

という事で今回短いけどここまで

見てください
(黒田由美さんの声で)



模型・プラモデルランキング



人気ブログランキング

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダ 第4話「百花繚乱」




自動車模型ランキング


マルボロスポンサード時代のマクラーレンを製作する時
必ず立ちはだかる鬼門、それは蛍光レッド、通称「マルボロレッド」

普通の赤ではなくビデオや写真に撮られるというのも考慮して
蛍光が強いレッドで塗装されてるんだけど、模型でそれを再現するのは
至難の技。過去の作例を拝見しても当然あーでもないこーでもないと
しかも蛍光色なんでクリアーコートが出来ないととっても厄介

IMG_7004

そこで取り寄せたのがアサヒペンの蛍光塗料スプレーの蛍光レッド

IMG_7005

瓶に取り(半日ガス抜きする事をお忘れなく)早速エアブラシへ

IMG_7007

プラ板チップに試射。いい感じだけど艶消し

IMG_7008

試しにガイアの蛍光ピンクをコート(左)、
万能アイテム、EXクリアーをコートすると
でもなんかしっくりこない

IMG_7011

んでいろいろ試してみてどうも納得いかず
結果・・・・

IMG_7014

こんな状態に( ̄▽ ̄;)
目の前に実物があったら絶対比較したいがそんな時間はない

IMG_7016

そこで今回作るにあたって取り寄せたデカールとも比較し
4つに絞った。更に絞った結果・・・・

IMG_7026

初めて実車を観た時の感想を思い出し(94年F1日本GP)
レッドというよりピンクが強いと感じて
蛍光ピンクが多めで蛍光レッドを作ったのがそれに近いと感じ
ガイア 蛍光ピンク60%+クレオス 蛍光レッド40%
(隠し味にクリアーレッドを2滴ほど)
「俺」蛍光レッドを調合

IMG_7027

早速、実戦投入
リアカバーはサフで整えてからのファンデーションホワイト
そこからペーパーがけ&コンパがけしてから塗装
2回ほど重ねて塗りましたが画像では艶消しっぽいですが

ちゃんと艶があるんだなぁ~これが☆

(by ゾルタン様)


という訳でここまで(*´ω`*)

君は小宇宙を感じた事はあるか!?

(古谷徹さんの声で)








模型・プラモデルランキング


人気ブログランキング
 

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダ 第3話「前途遼遠」




自動車模型ランキング

破損したリアタイヤ問題。平日では電話出来る時間は
仕事でてんてこ舞いなんで休日の昼下がりに
ようやくカスタマーセンターへ連絡

結果・・・・・・


リアタイヤ ストック







0(ゼロ)・・・・



(´;ω;`)




チクショウメぇぇぇぇぇッ!!(某総統閣下風に)

けど「もし再販かかったときにパーツも生産されます」
という1/12再販を匂わす発言を聞き
これはいつになるかはわからないがこれは期待せざろうえない(*´ω`*)
まぁ残念といえば残念だけどともかくリアタイヤはなんとかしなければならない 
しかしこのタイヤ問題は前途遼遠を予感せざろう得ない

何?!kawaharaさんは
鈴鹿サウンド・オブ・エンジンで
六輪ティレルに萌え萌えしてただとぉ~
なんて裏山けしからんッ
いいなぁ行きたかったなぁ~(´;ω;`)

まぁとにかく気を取り直していろいろやっておりますよ

IMG_6968

モノコック、よくよくみるとカーボンパターンがモールドされてる
これを弄るのは忍びないのでこのままサフも吹かずに塗装しちゃおう

IMG_6969

けどノーズカバーとファンネルボックスは残念ながらペーパーがけの関係で
モールドが消えるけど致し方ない。けどリカバーはいろいろ考えてる

IMG_6971

ホンダV12エンジン
さすが1/12(しつこい)けどモールドが甘いのも見受けられる
カムカバーのボルトとかは再現してあげたい

IMG_6970

他のパーツはパーティングラインを処理してピン跡もパテ埋め

IMG_6974

塗装する前にサフ吹きします。
けどパーツが大きいのと多いので全部一気には出来ない。
ちょっと悩みの種

IMG_6994

ブレーキダクト、サイドポンツーンもピン跡が目立つ
ペーパーがけしてからの

IMG_6995

パテで埋めて処理します

IMG_6996

んでカウルの固定方式
いちいちネジで締めるのでなくネオジム磁石を使う事にしました
リアカバーもこのようにして

IMG_6997

IMG_7000

丸型 2.5mm×1.5mmタイプを
ネジ穴に同じように穴を広げそこのハメてみました
すると金具に磁石がくっついてくれるので固定できます
締めるのは上だけで固定できます。

今回はここまで。次回も

観るのは君だ
(白石冬美さんの声で)





模型・プラモデルランキング


人気ブログランキング

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダ 第2話「微速前進」




自動車模型ランキング

IMG_6961

取り敢えず手を付けてしまったタミヤ MP4/6(1/12)
物の見事に進んでいない\(^ω^)/どうだまいったかなんてえばってどうする
でも少しずつではあるが(本当に少しずつ)進展&方向性は見定めてはいる(つもり)

まず説明書読んだり過去の雑誌作例を観ながら方向性は以下の通りにしますた。

過度なディテール追加&アップデートパーツは使わない
カーボンデカールてんこ盛りはしない
あくまでもキットそのままですすめる
マルボロロゴは当然付ける&リアウイングは変える

何故こうしたのかというと、トップギアさんのアップデパーツフルで
約ななまんえん(高ッ)
そこまでの予算は当然ない(涙)なんせどビンボーで背後に絶対キングボンビーついてるし
それにてんこ盛り作例見ててなんか綺麗にまとまりすぎてて
過去の作例見てこれぐらいのディテールで十分だと思ったので
でもダメなところは修正はする。
全くお金をかけずに出来るかという挑戦も含んでのいるので
(という事にしておこう)

IMG_6975

んでカウルの続き☆
フロントウイング&ノーズをネジで固定したら隙間発見

IMG_6976

若干ではありますがこのようにマルボロシェブロン境界線がくっきり
ちょうど分割ラインなんだけどこれは目立つなと思い

IMG_6977

0.2mmプラペーパーで隙間をうめます
流し込み接着材&瞬着で固定しあとははみ出た部分をカットするだけ

IMG_6978

ペーパーがけして隙間をアルテコで埋めて更に処理して
いい感じ

IMG_6979

けどサイドを見るとちょっとした段差が
反対側は反っていないんでまずドライヤーで温めて
少し力を加えて修正してから

IMG_6982

0.2mmプラペーパーを当ててそこにアルテコ盛って

IMG_6985

こんな感じに(*´ω`*)

IMG_6986
IMG_6987

フロントウイングもこの段階で一体化しちゃいました。
ウイングとノーズの合わせ目をアルテコで埋めて

IMG_6988
IMG_6989

ペーパーで処理します。

IMG_6990
IMG_6991

サスアームが出る辺り
実物は少し控えめなんでポリパテ、プラ板、アルテコで加工
もうちょっと整える必要ありかも( ̄▽ ̄;)

IMG_6992

今回はここまでだけどまだまだ続くよん☆




来週もキ〇コと一緒に

地獄に付き合ってもらおう

(銀河万丈さんの声で)





模型・プラモデルランキング




人気ブログランキング
 

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダ 第1話「覚悟完了」




自動車模型ランキング

久しぶりの投稿( ̄▽ ̄;)
別にサボってた訳じゃないのよ。
そしていきなりだけど本題


ついにこれを手に付ける事になるとは(´゚ω゚`)

001

マクラーレンMP4/6ホンダ
しかも1/12

や、ヤバァァァァァィ( ̄▽ ̄;)

なんでこんな事になったかというと
来年1月4,5日、秋葉原の書泉にて恒例の
FBプラモデル愛好会の展示会が開催される事になり
それに展示しようと・・・・・


ってあと約2ヶ月もねーじゃん(´Д`;)

完成できるの俺?ってともかくもう後戻り出来ない
でも1/12は常々作ってみたいししかも敬愛する
アイルトン・セナ最後のチャンピオンマシン。
生半可な気持ちでは作りたくはないッもはや行動あるのみ

覚 

悟 

完 



んで早速作業開始

IMG_6964

取り敢えず初日はカウル、ウイング類の仮組み
からのヒケ、段差、ピン跡処理
問題なく進むけどやはり大きさに圧倒される
流石ビックスケールは伊達じゃないが、
その分「誤魔化しが効かない」という
モデラーの腕が試されるというハイリスクハイリターンな代物

んでブリスターからタイヤを出したのだけど・・・・

な、

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁ
(by優作)


IMG_6972

おわかりいただけたろうか

IMG_6973

リアタイヤの素材が劣化してホイールにはめてもリムがはみ出る
しかもトレッドも凹んでて触ってみると弾力も衰えてる
(左のは真ん中で切って改良しようと無駄なあがきをしたんだけど)

まぁキット事態1991年に発売され今まで大切に保存していた
とは言い切れないから無理ないか。でもこれではどうしようもないので
取り敢えずタミヤさんに連絡しリアタイヤが残っているか
なければ今出回っているFW14Bを手に入れてスワップするか

IMG_6965

 IMG_6966

気を取り直して、アンダートレイ
ボディカウルブラケットが前についてないので
30年前(!)作ったMP4/6からスワップしてみました
そのままではつけられないのでトレイ部を加工

IMG_6967

これでカウルがホールドされますが、
いちいちネジ止めしないといけないのが気がかり
とりあえず初日はここまで


さぁて、どう戦い抜くかな?(永井一郎氏の声で)


模型・プラモデルランキング




趣味・ホビーランキング

タミヤ ウイリアムズFW07 LAP3




自動車模型ランキング



IMG_6872

さて、カウルを切り離した後の処理を

IMG_6873

モリモリ(ポリパテ)を盛ってツライチにしようと思いましたが
なんだかすぐ剥がれる(´;ω;`)のでアルテコに変更
あとリベットのモールドは後で邪魔になるので削り
0.4mmで穴開けしてます

IMG_6874

フロントロワアームはこのようにマスターシリンダーと一体なんで
このように切り離し

IMG_6875

モノコックを接着後

IMG_6876

後ハメ可能にしました

IMG_6877

塗装したときの効率化を考え
サイドポンツーンもエッチングソーで切り取りました。
これでカウル部を塗装して乾燥させてる間に中身を
という事ができます。アルミモノコックを塗装する際
マスキングする手間も省けるますし。

今回はここまで☆


人気ブログランキング


自動車模型ランキング

タミヤ ウイリアムズFW07 LAP2




自動車模型ランキング

IMG_6864

んでシャシー側を1mmプラ板を貼り上に延ばしました

IMG_6865

IMG_6866

サイドスカート
毎度お馴染み超薄々攻撃で・・・と思いましたが
ある程度薄くするだけに済ませました

IMG_6867

実車同様リアカウルは分割可能にしようと
まずマーカーでパネルラインを描いてエッチングソーでこりこりして

IMG_6868

エッチングソーでカットしたけど仮組みしたら
隙間ができたので後で調整するとして浮くのもみっともないので

IMG_6871

ネオジム磁石で脱着可能にしました。
進展遅いですがちまちま進めていきます



人気ブログランキング


自動車模型ランキング
 

タミヤ ウイリアムズFW07 LAP1




自動車模型ランキング

IMG_6854

唐突に以前仮組みして放置していたFW07を
まじまじと眺めていたら急にいじり倒しなくなってきた(笑)

IMG_6855

うーん、フォルムはやはりロータス79
そりゃ78年、当時のF1GPをあんだけブイブイいわせて圧倒的強さを
誇ってた79をパトリック・ヘッドがまじまじと観察して
どうしてめちゃ速かったのかを理解した上でデザインし
それを生かせたから79年中盤から結果だせたんだし

キットはそれをちゃんと再現してますが今見るとこれはどうだろう
という部分も目についちゃう訳で

IMG_6856

サイドポンツーンのメッシュ部
これはいただけない。そこで

IMG_6857

このようにカットして

IMG_6858

モノコックと一体化
あとメッシュ部は金属製メッシュに交換します

IMG_6860

サスアームなど細かいパーツは全部ランナーから切り取り
ゲート処理します。

IMG_6861

カウルは浮き防止にネオジム磁石を
これでも浮くんだけど( ̄▽ ̄;)
あ、ピン痕はパテで埋めます

IMG_6862

IMG_6863

リアに隙間が
プラ材で埋めるとして、実車同様のカウル分割しようか
いろいろ悩みどこです。



人気ブログランキング


自動車模型ランキング

 

アオシマ モトコンポ(完成)




自動車模型ランキング

IMG_6601

IMG_6600

IMG_6604

IMG_6599

IMG_6602

IMG_6603

令和初の完成品(笑)

タミヤ製と異なりアオシマで精度は・・・ですが
けっこう楽しめました(*´ω`*)


フロントフォークは真鍮パイプにプラ材
マフラーはプラパイプでそれらしく
最後にリアのライトをはめようと思ったら
ウレタンクリアで厚くなってはまらない。°(°`ω´ °)°。
のでライト部を多少削って強引にはめました。

バイクは難しいですね。
今度はタミヤのバイクつくってみたいです☆



人気ブログランキング





自動車ランキング

アオシマ モトコンポ(その10)




自動車模型ランキング

IMG_6595

IMG_6596

フロントフォークは再度作り直し
1.0mm真鍮線を芯にして真鍮パイプで

IMG_6597
IMG_6598

カウルを仮止め
あちこち壊れたので作り直しです




人気ブログランキング





自動車ランキング

アオシマ モトコンポ(その9)




自動車模型ランキング


IMG_6550

横のスイッチ(?)みたいなモールド
プラ板で作ったけど破損したのでエポパテとプラの欠片で
それらしく新たに作り直しました。


IMG_6549

はめればこんな感じ
カウルの裏側も塗装しないと






人気ブログランキング





自動車ランキング

エブロ マクラーレンMP4/30 レストア開始(ギアボックス等いろいろ)


自動車模型 ブログランキングへ



IMG_6588

レストア作業は進みは鈍いですがなんとか進展しておりますです、はい

IMG_6586
IMG_6587

サスアームは一部紛失してましたので再度作り直し

IMG_6592
IMG_6593
IMG_6594

エキパイは再度塗装し直し
リアアップライトはカーボンデカール貼り付け
ドライブシャフトは作り直し、プレミアムクロークで塗装
あとは各サスアームとアンダートレイどうしましょう








趣味・ホビーランキング

エブロ マクラーレンMP4/30 レストア開始(2回目)


自動車模型 ブログランキングへ


IMG_6578
IMG_6579

一旦レストアしたMP4/30
久々に見たら・・・・やはり粗が目立つのでまたレストアしようと
サスアーム類を外して(接着が弱くて助かった)この状態にします

IMG_6581

で、アンダーパネルとの段差や隙間が目立つのでネオジム磁石で固定する事に
リアサスカバーも

IMG_6582

ネオジム磁石で固定する方式に

IMG_6583

IMG_6584

ギアボックスをつけてみたけど
この上のサスアーム、折れてます(´;ω;`)
パーツ請求するか(´・ω・`)






趣味・ホビーランキング

ハセガワ ウイリアムズFW14 LAP2



自動車模型ランキング

さて、ハセガワのFW14
リベンジマッチという形で製作開始したんだけど

IMG_6533

昔の模型雑誌(MGとか)読み返してみると・・・
共通して皆さん、車体の短さを指摘していたのが
前後合わせて7mm伸ばしてたりします

キットをそのまま組んでも十分かっこいいのですが
自分も「短い」というか違和感があったので伸ばす事に
ちなみにキットのダルめのノーズはR6 メキシコ戦までで
R7 おフランス戦(マンちゃん91年初勝利)から
ロングノーズに変更されてます。
正確な資料がないのに始めてどうなるかわからないけど
まぁ雰囲気重視でなんとかなるでしょうw

IMG_6537

取り掛かったのはモノコック
ニューウェイさんイズムが伝わるライン
フロントサスパネルの前を切断して2mmプラ材で延長
MrSSPで隙間を埋めました


IMG_6538

あ、気がついたらこんな大惨事に(棒)

ノーズが別パーツなんで折角だから・・・と悪い癖
接続はネオジム磁石と洋白線を使用
サスカバーはけがき針でラインをコリコリやって
エッチングソーで辛抱強くカット

IMG_6539

んでガランドウ感あるモノコック
モノホンはドライバーを保護するデバイスがあると脳内変換し
1mmプラ板&2mmプラ角材でそれらしく製作


IMG_6540

シート、ハセガワのドライバー載せましたが
腕が長くてステアリング握れない(^_^;)どういうことだい大泉くん?!(by髭)
とりあえずステアリングは1.5mm真鍮線で接続
モノコックとののりしろをプラ版の欠片で

IMG_6541
IMG_6542

そして仮組み
フロントサス周りはキットにはないので自作しないと
ドライバー載せるか否か、いろいろどったんばったん大騒ぎしないと



人気ブログランキング

 
自動車模型ランキング

ハセガワ ウイリアムズFW14 LAP1



自動車模型ランキング

B190が完成してから呆けてましたが
次はこれを☆

IMG_6447

1991年のマッシーン ウイリアムズFW14ルノー
タイトルを一歩手前で獲得出来なかったけど最速マシンで
マンちゃんとパト様のドライブでマクラーレンを最後まで苦しめた
名車です(91年はいろいろ面白かったな、マシンもいろんなキャラが出てたし)
30年前(もうそんなに経つのね(´;ω;`))発売されて早速購入して
結局完成には至らなかったのでそのリベンジを兼ねて
最近再販されたので購入(*´ω`*)では懐かしさを感じつつ仮組み

IMG_6449
IMG_6453
IMG_6452
IMG_6455

仮組みして気づいたのは
リアディフューザーが分厚い、サスアームが何か太ましい
あとフロントウイングの位置が高すぎ・・・・
それと当時のMGでも指摘されてましたがボディが短く感じます

IMG_6459

ドライバー載せてますがこれはキットには付属してなくて
ハセガワのドライバーセットから
けど腕はつけてなく足もセットするためカットしてますが
まだ調整しないといけません。伸ばすなら中身作らなくてもいいけど
それじゃあなんかおもろないと感じるのも事実。どうしよう・・・




人気ブログランキング

 
自動車模型ランキング

ハセガワ ベネトンB190 LAP21(完成)



自動車模型ランキング

んでようやく完成です(*´ω`*)

IMG_6512

IMG_6501

IMG_6506

IMG_6508

IMG_6515

IMG_6509

IMG_6494

IMG_6496

IMG_6499

IMG_6504

IMG_6502

IMG_6497

なんとか完成にこぎつけました(*´ω`*)
でも粗がよく目立ちます。これは次への肥やしにします。°(°`ω´ °)°。
ハセガワのF1キットって組みづらいというイメージが強かったですが
ほんの少しいじればちゃんと組めるというのがわかったし
次組むならいろいろ気を付けながら同じミスをしないようにしたいですね。



人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

ハセガワ ベネトンB190 LAP20



自動車模型ランキング

IMG_0740

いよいよ完成が近いけど慌てず
洋白線とハンダつけでアンテナとキルスイッチをでっち上げ作成
メーカーのオプションとは違い精度が低い(笑)

IMG_0741

ミラーフィニッシュをサイドミラーに貼り付け
ステーも細くすればよかったと完成してから後悔。°(°`ω´ °)°。

IMG_0738

あとパネルラインはガンダムマーカーで
ウレタンで溝が埋まってしまった
塗装前にある程度深く掘っておけば良かった

いよいよ完成です。





人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

ハセガワ ベネトンB190 LAP19



自動車模型ランキング

IMG_6464

IMG_6465

当時のF1マシンはリアウイングを補強する
テンションワイヤーつけてるマシーンはよく見かけました。
ベネトンもこのB190まではついてたので
それをつけてみました。
使用したのは0.4mm洋白線。
今回接着剤は使わずピットマルチを爪楊枝で点付け
まぁこんな感じでまとめました( ̄▽ ̄;)





人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

フジミ フェアレディZ240Zフルワークス(LAP8)




自動車模型 ブログランキングへ

IMG_6410

トランクもエッチングソーでギコギコ
一部もろくなっていたので割れました
まぁ瞬着で強引に補強(´゚ω゚`)

IMG_6411

IMG_6412

真鍮パイプ&真鍮線で蝶番をつくって
ボディ側に受けをつけてこんな感じに
裏側もスカスカなので内装作らないと
ステーは仮に置いてあるだけでダンパー作らないと







人気ブログランキング





 
趣味・ホビーランキングへ

フジミ フェアレディZ240Zフルワークス(LAP7)




自動車模型 ブログランキングへ

IMG_4337

IMG_4441

IMG_6392

リアの内装はキットでもある程度は再現されてますが
いろいろ画像みてここら辺もいじりたくなってしまい
なんだか泥沼にハマりそうな悪い予感が
脚周りはキットでもいけるんですが実は破損して
だったら一から作り直したいし
もう時間かかってもいいからとことんまでやりますか






人気ブログランキング





 
趣味・ホビーランキングへ

ハセガワ ベネトンB190 LAP18



自動車模型ランキング


IMG_6441

IMG_6442

IMG_6443

IMG_6445

IMG_6446

フロントウイングを組んだらテンション上がって
フロントサスアームも組んでまだブレーキローターは接着してませんが
タイヤをはめてみて仮組みしてみました(*´ω`*)

うんうんいい感じ
細かいパーツを作らないといけないので
あとはアンテナ、キルスイッチ、リアウイングのテンションワイヤーも
自作しないといけないし
まだ道は遠い・・・・(´゚ω゚`)



人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

ハセガワ ベネトンB190 LAP17



自動車模型ランキング

IMG_6435
IMG_6436
IMG_6437

ウレタンクリアー(3回目)が完全に硬化したのを見計らって
今回は軽く研いでコンパウンドをセオリー通り使って磨き
ここでいいと思いもうあとは組みたてるだけ(*´ω`*)

なんだけど

IMG_6438
IMG_6439
IMG_6440

フロントウイング
ウレタンクリアーでダボが入らなくなってたりします
ので何度も仮組みして慎重に接着剤もあまり使わず
でも翼端板のデカールが(´;ω;`)




人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

フジミ フェアレディZ240Zフルワークス(LAP6)




自動車模型 ブログランキングへ

んで続き☆

IMG_4322

ボンネットをボディ側につけるとこんな感じ
内部もスカスカじゃ駄目なんでプラ板&パテで覆ってます

IMG_4323
IMG_4324
IMG_4325

おおおおおおおおおおおおっ(*´ω`*)
上手くいった。
で、ボンネットも開けたからドアとトランクも開けたくなってしまった
さてどうしよう(´・ω・`)




人気ブログランキング





 
趣味・ホビーランキングへ

フジミ フェアレディZ240Zフルワークス(LAP5)




自動車模型 ブログランキングへ

IMG_4314

折角エンジンついてるのにボンネット開かないのは勿体無い
そこで何も考えずに開けてそのままじゃあいけない

んじゃあ、開けるようにしようってんで

IMG_4326

実車みたいに複雑なヒンジにしても良かったけど
そこは模型だしなノリで真鍮線&真鍮パイプで作る事にしました。
半田付けしてボンネット裏に付けて


IMG_4327

こんな形にして

IMG_4328
IMG_4329

ボディ側のパイプに差し込む形で
まとめてみました




人気ブログランキング





 
趣味・ホビーランキングへ

フジミ フェアレディZ240Zフルワークス(LAP4)




自動車模型 ブログランキングへ

IMG_4309

このままサフ吹いて塗装
っていうのもいいけどなんか物足りない
フジミのキットの一番の疑問はエンジンついてるのに
なぜかボンネットが固定されてるんですよね


IMG_4318

んで気がついたらエッチングソーでゴリゴリして

IMG_4320

開けちゃいました
もう後には戻れない帰れない

IMG_4315

フロントグリルも塞がってたので
ピンバイスでこのように穴開けて

IMG_4317

あとはナイフとヤスリで整えます
こうすればちらっとラジエーターなりオイルクーラーが見えるようになります



人気ブログランキング





 
趣味・ホビーランキングへ

フジミ フェアレディZ240Zフルワークス(LAP3)




自動車模型 ブログランキングへ

IMG_4297

放置していたワークス仕様Z
ちまちま進めてたんで少しずつアップしてきます
オバフェンパーツを借り組みして気がついたのは
キットのボディを少しカットしないと上手くいかないということ

IMG_4305
IMG_4306
IMG_4307

少し車高を落としたのでボディも干渉する部分をカット

IMG_4308

オバフェンパーツを接着
隙間もありましたがアルテコで埋めてます。
このままで進めようかと思いますが
なんか物足りない・・・






人気ブログランキング





 
趣味・ホビーランキングへ

ハセガワ ベネトンB190 LAP16



自動車模型ランキング

IMG_6413
IMG_6414

ウレタンクリアー3回目
もうあとは乾燥したら軽く磨いてまとめよう
なんだかんだウレタンクリアーばかり使ってたら
硬化剤が切れる寸前でござる。硬化剤だけ単品で売ってないかしら




人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

ハセガワ ベネトンB190 LAP15



自動車模型ランキング


IMG_6386

ノーズコーンのベロは破損してしまったので
左右ともプラ板で新造しました。
裏側塗ってないやん

IMG_6387

裏側もセミグロス黒で塗装
けどコクピット周りはカーボンデカールを
いかんな、そろそろスタジオ27製カーボンが無くなってきている
補充しないと


IMG_6388

こうしてチラっとカーボンが見れればいいや☆で
さて、磨いたけど傷が目立つのでやはり化粧吹きするか



人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

ハセガワ ベネトンB190 LAP14



自動車模型ランキング

ウレタンクリアー2回目

IMG_6375

無難なく吹けたと思ったんだけど・・・

IMG_6376

。°(°`ω´ °)°。

右側のモレノさんのロゴが溶けてる
これもディケイドに仕業か(違)

次回への肥やしにしてこのまま進めます


IMG_6377

ノーズは第一段階の状態で大分段差がなくなってたので本当こんな感じ
三回目吹かなくても大丈夫かも


IMG_6382

スポンジヤスリ

1000~2000番ペーパー
ラプラス6000~8000

中世洗剤で洗浄
タミヤのコンパウンド(粗目→細目→仕上げ)

また中世洗剤で洗浄

ピカール

またまた中世洗剤で洗浄
セラミックコンパウンド

の順で磨いてここまでできました。

磨き足りない部分はあるがこれで終わり(にしよう)


さて、完成が近づいてきた☆




人気ブログランキング


趣味・ホビーランキング

Twitter プロフィール
いろいろぼやいてます(笑)
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    最新記事
    カテゴリー
    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
    livedoor 天気
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ