プラモやらないか?

F1や自動車系模型製作メインの萌え度0の駄ブログです

フジミ フェラーリ126C2

フジミ フェラーリ126C2 LAP11



自動車ランキング

とりあえず手直しして

IMG_4967

サフ吹いてみました

IMG_4973

IMG_4974

IMG_4975


いい感じになってきたました(*´ω`*)
フロントは理想に近づいたけど
あと後方だよなぁ~



人気ブログランキング


人気ブログランキング
 

フジミ フェラーリ126C2 LAP10



自動車ランキング

とりあえず進んでませんw

IMG_4947

IMG_4948

IMG_4949

盛って削って盛って削って・・・
を繰り返しここまでやってます
まぁこれでいいかなぁ~
サフチェックして見ないとわかんないけど


 



人気ブログランキング


人気ブログランキング
 

フジミ フェラーリ126C2 LAP9



自動車ランキング


よく調べたらキットのフロントウイングは
ロングビーチ仕様でベルギー仕様では基部が後方に移動しているので

ここで126C2のディテールを確認

vg55

開幕戦 南アフリカGP仕様
この一戦仕様だけ
アッパーアーム上部とサイドポットをつなぐカバーが一体化されてません。

img_4

第2戦 ブラジル仕様
カウルが一体化 サイドパネルが黒一色

1395157687572

第3戦 ロングビーチ仕様
キットのウイング取り付け位置はこちらに近いです。
段付きウイングとエキゾーストが長いです。
フロントブレーキダクトも長め
サイドパネルは黒と灰色(?)のツートン

20160302183213944

第4戦 サンマリノGP
ピローニとの確執が生まれてしまった
サイドパネルが黒と灰色(?)のツートン
ジル車はフロントウイングなし
フロントブレーキダクトが短い
(ピローニ車はフロントウイング付き
フロントブレーキダクトは長いまま)

vill7

第5戦 ベルギーGP仕様
ジル最後のGPとなってしまった。
わかりにくいですがウイング取り付け位置が
ノーズ先からコクピット側に移動してます。
サイドパネルは黒一色
あとフェラーリのディーラー
「エキュリーフランコルシャル」のステッカーが
リアウイングの翼単板がアルミ地のまま


あとノーズのスポンサーロゴの位置が
各GPで微妙に異なります
(コクピット周りの白いラインは第3戦まで)

tumblr_ooehwqQsXk1ua8zt8o1_1280

(ブラジルGP)

8716470944_133c50e08e_o

(ロングビーチGP)

middle_1190297311

(サンマリノGP)


GV115

(ベルギーGP)

スポンサーロゴの位置、大きさ
カーナンバーの位置もこれで解ると思います。
サイドパネルのスポンサーロゴ位置も
各GPごとに異なってるようだしこれだ!というのを
見出すのも一苦労です。まぁネットで検索すればパパッと
出るだろうけど。

e5abbf270f57865f5032164cf4c97f32

126C2は第7戦 デトロイトGPから
フロントサスペンションをロッキングアームから
プルロット方式に変更。それに伴い、カウル形状も変更
フロントウイングは第6戦 モナコGPから
アルミ地からブラック地(カーボンとは違うらしいです)に変更。
第6~第8戦までピローニ一台体制でしたが
第9戦 オランダGPからジルの親友だったパトリック・タンベイが
カーナンバー27を受け継ぐ事に
第12戦 西ドイツGP予選でピローニが戦線離脱
その後第15、16戦はマリオ・アンドレッティが
カーナンバー28で出走。
その結果フェラーリはコンストラクターズを獲得しますが
代償はあまりにも・・・と言わぬが華ですな。



126C2は初期はいろいろ仕様が異なるので
ついでにいうとキットのエンジンまわりは後半仕様
前半のインタークーラーは126CK用の
配置が近いですがディテールはちょっと異なってます。
でもこれをベースに前半仕様に出来るかもです。

外見は前半、中身は冷却系が後半なのがフジミの126C2です。
(正確にいうとフロントもブルロット変更の際
サス周りのディテールも異なっているかと)

フジミもちゃんとリサーチしてくれていれば・・・

言うだけ野暮ですな。
結局、ちゃんとした前半仕様や後半仕様にするにも
めんどいのは変わりありませんけどwww

一番いいかも知れないのは開き直ってキットの素材をそのまま
活かしてつくっちゃうのも楽しみ方の一つかと(;・∀・)


人気ブログランキング


人気ブログランキング
 

フジミ フェラーリ126C2 LAP8




自動車模型 ブログランキングへ

まだ途中ですがボディの加工は進んでおりますです。

IMG_4929
IMG_4925

比較用にキット状態のを)

IMG_4927
IMG_4928

コクピット出口を広くしすぎた感あるけど
ノーズからキャノピーまでの潰れて角張った楕円のような
(すごいややこしい表現)に近づけようと試行錯誤の真っ最中です。
結局、モノコックも切った貼ったのツギハギしないといけなくなりました。

IMG_4930

ノーズコーンはフロントウイングの基部を
ネオジム磁石で取れるようにしました。



IMG_4931

カウルは左右六ヶ所にネオジム磁石1mm×4mmを12個使ってます
これで取り外しが楽になりました。位置決めも誤差無く決められます。









人気ブログランキング
人気ブログランキング

フジミ フェラーリ126C2 LAP7




自動車模型 ブログランキングへ



20160302183244169

久々に放置していた126C2です。
このキットも出て来年で10年目になるのかな?
ともあれ、当時はかなり熱狂したけど
開けてみれば・・・・(´;ω;`)

だってキツイ事言うけど、

「似てない」

後でトランスキット出たけど
それ前提で出だしたんじゃない?っていうぐらい

「似てない」


資料が乏しい当時に比べ現在ネット検索すれば
出てくる出てくるw

それとにらめっこしてキットを比較してみます。

IMG_4925

これがキット。
フロントからリアへのラインがまず高すぎ
モノコックのタンク部の高さがネックになってます。

そこで画像ソフトを使って自分なりにいろいろプランを

IMG_4925

(青色のが加工予想図)
カウルを三枚下ろしして2mmぐらい下げて再接着
それに合わせてモノコックも低くすれば・・・

とりあえず考えるよる手を動かさないとね。









人気ブログランキング


人気ブログランキング

フジミ フェラーリ126C2 LAP6




自動車模型 ブログランキングへ 


003

切り刻んだモノコックは
カウルを外さないとはいえ目立つので
再度接着します。

004

メーター部分もプラ板で補強し
サンマリノGP仕様では油圧計が外れていたので
開けておきます。ステアはジルのは
ステアリング・ホーン部が違うので変えないといけません。








人気ブログランキングへ





banner



フジミ フェラーリ126C2 LAP5




自動車模型 ブログランキングへ 


001


アッパーカウル三枚おろしにし
モノコックを切り刻んで低くします
マスキングで仮組みして瞬着パテで隙間を埋めます

でもまず、点付けして硬化するまで待ち
最後に隙間を埋めるように盛ります
すぐ硬化するけど一日放置します








人気ブログランキングへ











banner



フジミ フェラーリ126C2 LAP4




自動車模型 ブログランキングへ 

001

アッパーカウルを三枚おろしにし
モノコックも切り刻んで低くします

んでマスキングテープで仮止めして具合を見ます

003

004

006

大分印象はよくなりました(*´ω`*)

011

ノーズもちょっと小型化しました

002-vert

けどここまでやっても似て・・・ないね。
似てないのは自分の力量不足なのは理解しております
まぁこれが精一杯でして、はい

013

素組みとの比較

014

こんだけ低くなってます
これだけでも印象は良くなったと思います☆







人気ブログランキングへ








banner



フジミ フェラーリ126C2 LAP3




自動車模型 ブログランキングへ 


001

C2という強敵を作りにあたり
かき集めた資料。でも細部まではよくわからないのもあって
カウル固定、ディスプレイ方式に方向転換すべきだったと今更後悔です

007

んで改めて作るにあたり
どう改良すべきなのか、どこを弄るべきなのか
見定めるためにもストックしていた
キットを引っ張り出し仮組みする事に

008

発売した当初はほんとう、初のF1キットということで
期待していた部分もありましたが

010

プロフィニッシャーの上村さんもご指摘していた
「出来はいいが似てない」という通り
形状はC2だけどC2にあらず感が
原因はカウルの高さ

素組みでも楽しめるんですが
やっぱり似せたくなるのがモデラーの性(笑)

009

高い原因はこのモノコックの燃料タンク部を
高く設計している時点でこうなっても致し方ない
内装再現はあきらめ(というかインタークーラー周りは後期型だし)
ジルが乗っていた前期型を作るなら・・・
それが最善だと思いますので☆










人気ブログランキングへ











banner



フジミ フェラーリ126C2 LAP2




自動車模型 ブログランキングへ 


久々に長い時間お昼寝したため
ちょっと頭がぼーっとしておますが
フォーミュラーE開幕戦観ながらちょっと更新(笑)
動きと音がどうも大きいラジコン、リアル「サイバーフォーミュラー」だな

キットはC2がまさかのプラキット化と喜んでみましたが
やっぱり難ありな曲者なキットでした

1395157687572

82年 ロングビーチでのC2
(段差付きリアウイングが
特徴的)
カウルがこのように低くなっておりますが

1205654664

これは大阪の説明不要、
スーパーサ〇ヤじ・・・もといスーパーモデラー川原さん作のC2
素組みのままで艶といい完成度高いクオリティーは流石です
しかし、キットのままだとやっぱりモノコックの高さが災いして
どうしても車高が高く感じてしまうのは損です。
それとノーズからコクピットまでのラインが
実物だと潰れた感あるのにキットのは盛りすぎと感じました

IMG_2025

んでとりあえず三枚おろしにしてモノコックも切り刻んで
みたけどやっぱり似てない・・・
さてどうしたものか・・・・


とことんやろうッ

001


またバラシて再度やりなおし
ヒロ製のトランスキット買えなかったので
自分で納得できるC2を作らなければならないんだけど
ともかくトライ&エラーのくりかえしするしかないか(汗)









banner






フジミ フェラーリ126C2 LAP1




自動車模型 ブログランキングへ 


「記録」よりも「記憶」に残るF1ドライバー、ジル・ヴィルヌーヴ
82年ベルギーGPで天に召され
その時乗っていたマシンがフェラーリ126C2

73390

名車ですが残念ながらこれまでキットに恵まれてません
(キット化はされているけどプロター製だったりレジンキャストキットだったりと
作り手を選ぶ難易度が高い製品が多かった)でしたが
一番理想なのはタミヤがキット化してくれればなんですが
あの(あのが付くのか)フジミがF1キット参入に選んだのが
このC2でした。管理人も発売当初購入し作り出したのがちょうど三年前・・・・・

IMG_1642

IMG_1643

IMG_1644

IMG_1646

IMG_1647

なんかカウルが高く感じたんで
カウルを三枚おろしにして切ってノーズコーンも小型化したりして
このようにしたんですが実物はノーズからコクピットまで低く
押しつぶしたような形に見えるんですが
やはり似てないんで何度かトライして放置(笑)

しかし、放置するのもなんだし今年完成させちゃおうと
今回もディスプレイでカウル固定方式でつくちゃおうと

フジミが初めて出したF1マシンですが
いろいろダメだしする部分が多いです。
もう一つキットをストックしているので
その点を
次回、いろいろ指摘したいです。





人気ブログランキングへ


banner





livedoorプロフィール
Twitter プロフィール
いろいろぼやいてます(笑)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    最新記事
    カテゴリー
    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
    livedoor 天気
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ