趣味・ホビーランキング

Baidu IME_2018-1-13_20-29-36

ついに公開となりました

劇場版「マジンガーZ   INFINITY」

どうなるんだろうどういう展開なんだろう
と予告観て期待半分ヤキモキ半分で観に行きました


でも舞台挨拶はものの見事に取り損ねた(´;ω;`)
永井先生や水木のアニキに会えなかったのが残念・・・


 








人気ブログランキング






■いい意味でのリメイク

マジンガーZとグレートマジンガーの活躍で平和を取り戻した世界
兜甲児は祖父と父親と同じように科学者への道を歩み初めたが
富士山麓で発見された謎の遺跡が発端で再び世界に危機が
甲児は新たなる驚異から世界を護る為再び
「鉄の城」マジンガーZを起動させる


本作を視聴するに辺り
前夜に「マジンガーZ対暗黒大将軍」を視聴して
ともかくマジンガー愛を高めいざ劇場へ

ともかくネタバレしたくないけど
本当冒頭から「マジンガー愛」に包まれた
「リメイクの正しい本当にいい仕事している」作品でした。
リメイクって作品に愛がなさすぎたりのやっつけ仕事だったり
ありすぎて作り手の独りよがりでオタク寄りな暴走気味になったり
(例 平成版「日本沈没)と残念な作品が目立ってたりしますが
本作「マジンガーZ   INFINITY」(以後「 INFINITY」)は
その不安を見事に払拭してくれました。

冒頭のオープニングは当然アニキが熱唱するだし
これで他の人だったらそれだけでも炎上物件待ったなしだろう
Z、グレート共にデザインはなんとなく「ガンダム00」っぽいけど
(まぁ同じデザイナーだし)戦闘シーンはともかく目が追いつかない
甲児くんは石丸さんでないとという声も多かったけど
(赤羽根甲児くんも悪くないが)森久保さん甲児くんも悪くないし
全く違和感なかった。あしゅら男爵の宮迫さんに関しては
かなり不安視する声も大きかったけどそこまで気にはならなかった
そういえばブロッケン伯爵は新作では劇場版デビューなんだよね
(ブローアップ版での出演はあったけど)それに静養から帰ってきた
藤原さん復帰第一作でもありますし(*´ω`*)

■現在の「東映まんがまつり」

さて、今回「 INFINITY」ではまた何故か復活した
Dr・ヘルと愉快な仲間たち(ヲイ)が相手なんですが
「何故Dr・ヘル?ここは闇の帝王でないの?」って
自分は思ったけどそう感じる方もいらっしゃるかと。
実際、「グレート」本編でも決着つかぬまま
「グレンダイザー」へ移行してしまいましたし
(でも桜多吾作さんの「グレン」ではその末路は描かれてたし
小説版「スーパーロボット大戦」でもラスボスだったし)
ので親子三代の因縁を締める意味でも蘇ったミケーネ軍団との
最後の戦いを・・・って妄想してしまう自分がいましたが
でもTV&劇場版合わせて登場した全機械獣が大暴れするシーンは
「これは現代の「東映まんがまつり」なんだな」と
童心に帰って細かい事は気にしないで楽しめる作品ではないでしょうか。

■兜甲児の人生を描いた作品

「神にも悪魔にもなれる」

甲児くんが祖父であるZの生みの親である十蔵博士から
言われたこのフレーズ
マジンガーを神にするのも悪魔にするのも使う人間次第と
原作やTVシリーズでも描かれてますが
本作でもよく使われてます。
甲児くんは戦いの後、パイロットでなく祖父と父親と同じように
科学者への道を選択しますがDr・ヘルが再び現れ
またパイロットとして復帰しますが・・・

この神にも悪魔にもというフレーズ
永井豪さん曰く
「マジンガーは正義のヒーローみたいに格好良くても
怖い科学兵器でもある」
鉄の巨人を神にするか悪魔にするかは操縦する者の「心次第」
マジンガーのメッセージは人類が永遠に忘れてはならない物であると
そしてその力を扱ってきた甲児くんは再び
世界と仲間と愛する人を護る為、マジンガーを再起動させます

「真」と「ZERO」が永井豪原作風味を意識して
甲児くんの運命とか宿命を描いていたなら
「 INFINITY」では「まつり」であり
兜甲児のこれからの「人生」を描いてる感じがしてました。

第3の魔人「インフィニティ」内部で発見された
アンドロイドのリサともやり取りも
Zに初めて乗った時より大人で冷静さも兼ね備えた「大人」な
甲児くんを観て「ああ、大人になったなぁ~」と
(でもやっぱりスケベな部分もあるのが甲児くんの魅力だわさ☆)
なかなか進展しなかったさやかさんとの関係も最後は
にしてもさやかさんのビンタで爆笑してしまったけど
やっぱりこの二人は「お似合い」なんだなぁ~と
ニマニマしたのは自分だけではないはず( ̄▽ ̄)

■熱い「マジンガー愛」に溢れた良作

甲児くんやさやかさん以外にも
偉大な勇者な鉄也さんとジュンのドラマもちゃんと描かれて
予告編では嫌な予感しかしなかったが本当救われてよかった
リサが最後頑張ってくれたお陰で
でも・・・最後は(これ以上はネタバレになるけど)
そうきたか!って安心したし
それと弟のシローやボスといったお馴染みの面々も大活躍
いろいろ細かいネタも多くて思わずニヤリしてしまった
☆O◇K〇」版マジンガーにはコーラ吹いちまったいw
(どこで出るかは是非視聴しておくれ)
これはもう「熱いマジンガー愛に溢れた良作」と言っても
言い過ぎではないと断言できます☆

これはもう一回劇場へ走らざろう得ない
というかもう行きたいけど最悪状況次第ではDVD待ちかも

それはそうと、この次はあるのかな?
(やはりミケーネとの決着やグレンとの関連も含めて)

けど「マジンガーZ、最後の出撃だ」という台詞もあるから
その後を描くというのはかなり望み薄かもしれないが
あると思って期待して待つことにします(*´ω`*)





趣味・ホビーランキング




趣味・ホビーランキング