自動車ランキング


よく調べたらキットのフロントウイングは
ロングビーチ仕様でベルギー仕様では基部が後方に移動しているので

ここで126C2のディテールを確認

vg55

開幕戦 南アフリカGP仕様
この一戦仕様だけ
アッパーアーム上部とサイドポットをつなぐカバーが一体化されてません。

img_4

第2戦 ブラジル仕様
カウルが一体化 サイドパネルが黒一色

1395157687572

第3戦 ロングビーチ仕様
キットのウイング取り付け位置はこちらに近いです。
段付きウイングとエキゾーストが長いです。
フロントブレーキダクトも長め
サイドパネルは黒と灰色(?)のツートン

20160302183213944

第4戦 サンマリノGP
ピローニとの確執が生まれてしまった
サイドパネルが黒と灰色(?)のツートン
ジル車はフロントウイングなし
フロントブレーキダクトが短い
(ピローニ車はフロントウイング付き
フロントブレーキダクトは長いまま)

vill7

第5戦 ベルギーGP仕様
ジル最後のGPとなってしまった。
わかりにくいですがウイング取り付け位置が
ノーズ先からコクピット側に移動してます。
サイドパネルは黒一色
あとフェラーリのディーラー
「エキュリーフランコルシャル」のステッカーが
リアウイングの翼単板がアルミ地のまま


あとノーズのスポンサーロゴの位置が
各GPで微妙に異なります
(コクピット周りの白いラインは第3戦まで)

tumblr_ooehwqQsXk1ua8zt8o1_1280

(ブラジルGP)

8716470944_133c50e08e_o

(ロングビーチGP)

middle_1190297311

(サンマリノGP)


GV115

(ベルギーGP)

スポンサーロゴの位置、大きさ
カーナンバーの位置もこれで解ると思います。
サイドパネルのスポンサーロゴ位置も
各GPごとに異なってるようだしこれだ!というのを
見出すのも一苦労です。まぁネットで検索すればパパッと
出るだろうけど。

e5abbf270f57865f5032164cf4c97f32

126C2は第7戦 デトロイトGPから
フロントサスペンションをロッキングアームから
プルロット方式に変更。それに伴い、カウル形状も変更
フロントウイングは第6戦 モナコGPから
アルミ地からブラック地(カーボンとは違うらしいです)に変更。
第6~第8戦までピローニ一台体制でしたが
第9戦 オランダGPからジルの親友だったパトリック・タンベイが
カーナンバー27を受け継ぐ事に
第12戦 西ドイツGP予選でピローニが戦線離脱
その後第15、16戦はマリオ・アンドレッティが
カーナンバー28で出走。
その結果フェラーリはコンストラクターズを獲得しますが
代償はあまりにも・・・と言わぬが華ですな。



126C2は初期はいろいろ仕様が異なるので
ついでにいうとキットのエンジンまわりは後半仕様
前半のインタークーラーは126CK用の
配置が近いですがディテールはちょっと異なってます。
でもこれをベースに前半仕様に出来るかもです。

外見は前半、中身は冷却系が後半なのがフジミの126C2です。
(正確にいうとフロントもブルロット変更の際
サス周りのディテールも異なっているかと)

フジミもちゃんとリサーチしてくれていれば・・・

言うだけ野暮ですな。
結局、ちゃんとした前半仕様や後半仕様にするにも
めんどいのは変わりありませんけどwww

一番いいかも知れないのは開き直ってキットの素材をそのまま
活かしてつくっちゃうのも楽しみ方の一つかと(;・∀・)


人気ブログランキング


人気ブログランキング