模型・プラモデル ブログランキングへ

では前回のラストで申した通り
LEDを実際に光らせてみましょう(*´ω`*)

IMG_3739
このボタン電池は3V
並列につけてみると点灯します。が、

IMG_3740
二つのLEDを直列して繋げると点灯しません。
これは3Vでは光らせるだけの電気が足りないということです。

IMG_3741
6Vだとこのように光ります。
♪まわる~まわぁ~る〇芝ぁ~

IMG_3743
で、今度は3つ直列でつけてみます
IMG_3745
これでも点灯しましたが電力が足りなくて
2つの時と比べてどうも若干落ちたようです。

このようにCRDひとつに付きLEDは
9Vでなら2つ、12Vなら3つまで行けるという事になります。

大きな作例でより多くのLEDを光らせたいなら
電源をどうするかが問題になってきます。
内部で収めるにしても電源の大きさに狭まれますし
外部に取る方法(電池ボックスもしくはACアダプター)を選ぶにしても
展示会とかでコンセントが使えない場合も考えないといけない。

24サイズのカーモデルなら3V、大きくても9Vを
選択しなければなりません。
ボタン電池を選択すればホルダーを自作するという
手もありますし内部に仕込めなければ
ベースに電源を配置するという方法もあります。


次回は100円ショップで見つけたアイテムを使って
お手軽に電飾をしちゃう方法です。

 
人気ブログランキングへ





模型・プラモデルランキングへ