模型・プラモデル ブログランキングへ

第3回目を迎えてしまった「電飾しやうぜッ」

さて電飾したいけどまずどうすりゃいいの?とお悩みのお方。
LEDだけでは電飾は出来ません。
まず一番の近道は実際そういった電子パーツを買ってみましょう。

IMG_3694
ヲタクのワンダーランド秋葉原にはそういった電子パーツを扱っているお店は
多くありますが自分がオススメしたいのは秋山電子通商さんです。
パーツを探していると店員さんが探してくれたりと親切丁寧でとても好印象☆

IMG_3695
しかもこんなに買ってもリーズナブル(*´ω`*)
ボンビーな身の自分にはとっても大助かりです。

「アキバまで遠くていけないよぉ~」

「俺、自宅から半径30km以上出たら死んじゃうんだよねぇ~」


なんてめんどくさが・・・現地までいけない方には
HPで通販という手段があります

秋山電子通商HP

HP上で商品の特性特徴を紹介しているので
自分が欲しいと思うパーツを選べるのも利点です。

模型に電飾を施すには何が必要かちらっと紹介します☆
 









人気ブログランキングへ







IMG_3722
スイッチ
電源のオン・オフを切り替えをするためのパーツ
模型に内蔵する場合スイッチは目立たないところに
どう仕込むかがキモなんで悩ましい問題であります。

IMG_3723
電解コンデンサ
小さいですが数値が印字されているのでどれぐらいの容量なのか
解ります。あと白い部分がマイナスと覚えておきましょう。
これは10μF(マイクロファラッド)耐圧50Vコンデンサです

IMG_3724
半固定抵抗
いわゆるボリュームです。中央のメモリを精密ドライバーで回すと
抵抗値が変化するという仕組みです。
これは500kΩ(504)です。

IMG_3704
抵抗(1kΩ)
これも必要です。
電気を通しやすくしたり抑えたりする役目を持ってます。

IMG_3725
タイマーIC(NE555)とICソケット8ピン
一定の周期でオン・オフを繰り返してくれます。
ソケットは半田つけの際タイマーICに直接だと
熱で破損しちゃうのでこのソケットをつければ問題なし
タイマーICも様々な種類があります。
IMG_3706
ユニバーサル基盤
回路を作るために必要なもの
必要な大きさにカットして使います。

IMG_3734
電池ホルダー(スナップ)
9V電池用のスナップです。コードの先にクリップをつけてます。
クリップで挟んでちゃんと機能するかチェックすることも出来るようにしてます。

IMG_3735
電池ホルダー(単5用)
品によっては配線されてないものもあります。
当然、それぞれの電池用にホルダーがあります。

IMG_3708
配線
ビニールで保護されているのとポリウレタン銅線があります。

IMG_3736
半田こてとスタント
こては100円ショップでも購入できますが
自分は23Wの物を使ってます。

IMG_3737
半田とフラックス
これでパーツを基盤に付けます

IMG_3738
道具はこれぐらいあればいいかも
先の細いペンチ、ニッパー(お古で十分)
精密ドライバー、テスター

あと半田つけする時にテーブルを溶かさない為に
コルクマットとかあると便利です☆

次回は実際にLEDを光らせてみましょう(*´ω`*)


人気ブログランキングへ






趣味・ホビーランキングへ