趣味・ホビー ブログランキングへ


さて、決勝前にちょっと面白いニュースを
現在レッドブルリンクとなってますが昔々は
エステルライヒリンクという名前で全長5.9kmのコース
F1開催は1987年までその後はAIリンクと名前を変え
コースも現在のように短縮さてた感じで
その後赤牛の皆さんに買い取られ現在に至りますが

(在りし日のエステルライヒリンク。とっても牧草的)
13-795x510


赤牛軍団(レッドブルブルもといレッドブル)のコンサルタント、ヘルムート・マルコさん曰く
「現時点では、まだ計画段階にすぎない」としているが、検討されているのは
現在のレイアウトのターン1とターン2の外側にある旧エステルライヒリンクの「西ループ」の復活
が実現するかもしれないとの事。 

でもこれを実現するには、まず現在のオーナー、ディーター・マテシッツさんから
シュタイアーマルク州政府に、20年以上もモータースポーツには使われていなかった
1.6kmの部分の再使用を申請する必要があるという事。
そして、州政府の許可が下りれば、コースの再舗装と現在のF1の
安全基準に合わせた改修工事を行うことになりますが工事そのものは
大規模なものではなく、数カ月もあれば完成。

これが実現すれば西側セクションの復活でサーキットの全長が長くなると
世界耐久選手権(WEC)レースを開催する可能性も。
また、F1に関して言えば、来季のマシンが現在よりずっと速くなっても、
ラップタイムが短くなりすぎることはないとまぁいいことづくめなんだけど

 


という小話はともかく決勝です。





2016年F1第9戦オーストリアGP 決勝

7月3日(日)
レッドブルリンク(1周/4,326km) 
周回数 71周 走行距離 307.020km
天候 晴天 路面状況 ドライコンディション
気温24度、路面温度41度、湿度55% 

2016年F1第9戦オーストリアGP 決勝スターティンググリッド 
Pos No Driver Team
1 44 L.ハミルトン メルセデス
2 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア
3 22 J.バトン マクラーレン
4 7 K.ライコネン フェラーリ
5 3 D.リカルド レッドブル
6 6 N.ロズベルグ メルセデス
7 77 V.ボッタス ウイリアムズ
8 33 M.フェルスタッペン レッドブル
9 5 S.ベッテル フェラーリ
10 19 F.マッサ ウイリアムズ
11 21 E.グティエレス ハース
12 94 P.ウェーレイン マノー
13 8 R.グロージャン ハース
14 14 F.アロンソ マクラーレン
15 55 C.サインツJr. トロロッソ
16 11 S.ペレス Fインディア
17 20 K.マグヌッセン ルノー
18 9 M.エリクソン ザウバー
19 30 J.パーマー ルノー
20 88 R.ハリアント マノー
21 12 F.ナッセ ザウバー
PIT 26 D.クビアト トロロッソ 

Baidu IME_2016-7-4_6-55-37
Baidu IME_2016-7-4_7-13-15
Baidu IME_2016-7-4_7-1-45
Baidu IME_2016-7-4_7-10-2

2016年F1第9戦オーストリアGP 決勝結果
Pos. No. Driver Team Gap
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1h27'38.107
2 33 M.フェルスタッペン レッドブル 0'05.719
3 7 K.ライコネン フェラーリ 0'06.024
4 6 N.ロズベルグ メルセデス 0'26.710
5 3 D.リカルド レッドブル 0'30.981
6 22 J.バトン マクラーレン 0'37.706
7 8 R.グロージャン ハース 0'44.668
8 55 C.サインツJr. トロロッソ 0'47.400
9 77 V.ボッタス ウイリアムズ 1Lap
10 94 P.ウェーレイン マノー 1Lap
11 21 E.グティエレス ハース 1Lap
12 30 J.パーマー ルノー 1Lap
13 12 F.ナッセ ザウバー 1Lap
14 20 K.マグヌッセン ルノー 1Lap
15 9 M.エリクソン ザウバー 1Lap
16 88 R.ハリアント マノー 1Lap
R 11 S.ペレス Fインディア DNF
R 14 F.アロンソ マクラーレン DNF
R 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア DNF
R 19 F.マッサ ウイリアムズ DNF
R 5 S.ベッテル フェラーリ DNF
R 26 D.クビアト トロロッソ DNF


セブのタイヤバーストを観て86年アデレードのマンちゃんや
98年日本GPで目の前で派手にタイヤバーストさせたミハエルを
彷彿させられました。でもともかく誰も巻き込まずセブにも怪我なかったから
良かったけど、原因は何かを踏んづけてそうなったのかあるいは・・・
ファイナルラップでのまたもや同士撃ち
タイトル争うのがチームメイトならこれも致し方ないとはいえ
観ている側からすれば気持ちのいいもんじゃない
なんか相手を蹴散らしてまで勝つというのは変な言い方ですが
「美しくない」と思うんですが皆さんはどう思いますか?



ドライバーズランキング
Pos Driver Point
1 ニコ・ロズベルグ 153
2 ルイス・ハミルトン 142
3 セバスチャン・ベッテル 96
4 キミ・ライコネン 96
5 ダニエル・リカルド 88
6 マックス・フェルスタッペン 72
7 バルテリ・ボッタス 54
8 セルジオ・ペレス 39
9 フェリペ・マッサ 38
10 ロマン・グロージャン 28
11 ダニール・クビアト 22
12 カルロス・サインツJr. 22
13 ニコ・ヒュルケンベルグ 20
14 フェルナンド・アロンソ 18
15 ジェンソン・バトン 13
16 ケビン・マグヌッセン 6
17 パスカル・ウェーレイン 1
18 ストフェル・バンド―ン 1
19 エステバン・グティエレス 0
20 ジョリオン・パーマー 0
21 マーカス・エリクソン 0
22 フィリペ・ナッセ 0
23 リオ・ハリアント 0

コンストラクターズランキング
Pos Team Point
1 メルセデス 295
2 フェラーリ 192
3 レッドブル 168
4 ウィリアムズ 92
5 フォース・インディア 59
6 トロロッソ 36
7 マクラーレン 32
8 ハース 28
9 ルノー 6
10 マノー 1
11 ザウバー 0



人気ブログランキングへ


模型・プラモデルランキングへ