思ったら吉日って事で今日公開された
 
「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

を観に行ってまいりました☆

 
img018


まだ観てない方もいられると思いますので
ある程度オブラートして感想述べたいと思いますm(_)m

 




趣味・ホビー ブログランキングへ 















Twitterでぼやいてましたが
半年前に色紙目当てに前売り券購入してたんですが
いざ現地いってその回の入場券が売り切れでしたっていうのも
嫌だったのでやっぱりネットで予約。

前売り券はもう一回観に行けたら使おうって事で(笑)
観にいったのは有楽町マリオンの丸の内ピカデリー
もう既にそれらしいお客様がいっぱい
パンフ目当てに並んで2階席の一番端で確保して
ましたがいいポジションでした。

今回のお話は24話と25話の間
ちょっとした補間的なお話です
閉じ込められた惑星で
古代くんたちが見つけた戦艦大和の中の
「大和ホテル」の中で繰り広げる
地球人とガミラス人の交流
そこへヤマトを狙ってガトランティスが絡んできて・・・

本編でも出てきた事で
ガトランティスを出してきたというのは
「さらば」(もしくは「2」)のリメイクも将来的に・・・
と思ってしまいますがともかく今作で「2199」は
一旦区切りを入れるという事で
まぁやる可能性はゼロでないと思いたいのですが
なんせ「さらば」は思い入れが強い方が多いはず
かなりじっくり練らないと
おいそれとは手が出せない難しい作品ですし

スターシャがとりなしてガミラス側と和平を結んだ事で
クライマックスでヤマトとガミラス艦隊が共同戦線を張る
ヤマトが艦隊を率いるシーンは誰もが観たかったはず☆
波動砲という切り札を封じられた状態で
強力なガトランティス艦隊とどう戦うか・・・
沖田艦長と古代君とのやりとりとか
あの古代くんと雪の例のアレとか
古代君が立派に指揮をとり
副長の真田さんは無言で見守っていたとか
美影ちゃんとバーガーさんのやりとりとか
微笑ましかったです☆


そして、タイトルの「方舟」の意味は
終わりのほうで「そういうことか」でした。

空間騎兵隊の斎藤始や
あのサーべラーが出てきたので
もしかしたらあのつながり眉毛の方も・・・
って期待してましたが、ともかく
やはり続編を期待してしまう

しつこいようだけど
あの終わり方をどう再構築するかが
一番難関なのでちょっとやそっとでは
できそうにないと思うので
ともかく、待つことにしようと思います。


映画のあとはラーメン食べて
ヤマト2199のプラモ(&塗料)を買って
いづみっくすさんで暖まってきました☆

そして今記事作戦しつつ
「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を
観ております(笑)








 





人気ブログランキングへ


banner