さて、進めていたビルドデスティニーストライク(仮)ですが
全体の塗装は終わりました☆

002

003

004

005


塗装はすべてクレオスメインで

青はコバルトブルー、コバルトブルーに白追加したもの二種類
グレーはファントムグレー、自家製MAXグレー
白はつや消しホワイト
センサーはエナメルのクリアーグリーン

足の追加パーツ、なんか造形と細かい部分で気に入らなくなって
やめました。もったいないけど。

で、スミ入れしたのですが、ここでとんでもない事態が発生しました・・・




それは・・・
 






人気ブログランキングへ











いつものようにタミヤエナメルの黒と茶を溶剤で溶いて
スミ入れして溶剤で拭き取ったのですが・・・




001










(((゜Д゜;)))












最近のガンプラは塗装すると割れやすいと前から言われてましたが
まさか自分が体験するとはッ

しかも腕部はもうこのままですませますが
実はマスク部もはめようとしたときにパキっと割れて(´;ω;`)
致し方ないこちらもそのまま・・・

で上腕部や腰部も豪快に割れた(´;ω;`)

やはりエナメル溶剤がかなり悪さしているのは確か
うーんこれは対抗手段を検討しないとッ

ちょうど某ふたばちゃんで模型製作雑談スレが上がっていたので
さっそく書き込んでみたところ・・・


材質と言うより成型の精度が高い故のパーツの薄さと
スナップフィットのダボが悪さをしている感じ
塗装してからダボ付近にエナメル溶剤が回らないよう
留意してやると早々割れない気がする

エアブラシ塗装で割っちゃう場合は溶剤の比率と吹き付け方に
付け加えて、溶剤自体を見直してみるといいかもしれない
(リターダー無しのにして見るとか)


塗料の種類に限らず、低粘度瞬着・流し込み接着剤等、浸透しやすい溶剤に対して
ガンプラの素材が超弱い(粘りがない?)感じなんで、
溶剤の量や塗装時にパーツにテンションが
かからない状態かどうかをチェックして見るといいのかも

ストレスかかってない状態で塗装時に破断するようなら、
他にも紫外線等でのプラの劣化もありそうな気はするけど、
開けポンで塗装してるならその可能性は低い…かな?

自分の場合ここ2~3年くらいのガンプラ塗装で、
明らかにパーツにテンションかかってる状態以外で
パーツ割れを経験したことはないんで、塗装やパーツ固定方法なんかを
様子を見つつ変えてみてもいいのかも


エアブラシでのラッカー塗装の時は塗料1に対して
ブラシ用うすめ液3位で吹き重ねてるけど、
それでのパーツ割れはないかなー
スミ入れの時のエナメルシンナーはシャバシャバにしてるとかなり割れやすくなるんで
毛細管現象に頼らずに通常の筆塗りより少しだけ
溶剤多め位の割合で面相筆でスジボリを描くようにしてから
溶剤染みこませてキツめに搾った綿棒なんかで拭き取るようにしてる、
これだとテンションかかってない箇所ではまだ割れ知らず

ラッカー塗装のままでもある程度調整でなんとかなるレベルではあるんで
先ずそこから検証してみるといいと思うよー

ガイアのエナメル溶剤いいですよ
ちょいギチギチな部分でも嘘みたいに割れないし、ヒビも入らない
プラ地に直接使うと表層が溶ける場合があるみたいだけど
 
今のところそうなったことはないので材質次第なんかな

え・・・ジッポオイルじゃだめなの?

ジッポはたまに成分が変更になるので、買う前に成分表示見て買わないと失敗するよ。
合成イソパラフィン系炭化水素(の方だったかな)て書いてあるやつ買うと、
エナメルが溶けずに粒粒になっちゃう


うろ覚えで済まんけど
原材料がナフサって
書いてあるやつだと大丈夫だった気がします。>ジッポ 

100円ショップで売ってるライターオイルが一番割安ですね  
 


(以上、某ふたばから抜粋)


という皆様のアドバイスを参考に

① タミヤのエナメル溶剤は最近のガンプラには禁物

② 溶剤ならガイアノーツを、割安なのはライターオイル


というのでさっそくダイソーのライターオイルを☆

003

んでスミ入れしてみました。

004

実はエナメルだとあまり目立たなかったので
ガンダムマーカー黒を使用。その後ライターオイルで拭き取りしてみました☆

006


このとおりです。
プラ地を痛める事もありませんでした。

さていよいよ完成がみえてきました☆








人気ブログランキングへ