プラモやらないか?

F1や自動車系模型製作メインの萌え度0の駄ブログです

2013F1 第9戦ドイツGP フリー走行1、2

2013年F1第9戦ドイツGP フリー走行1


7月5日(金)
ニュルブルクリンク(1周/5,148km)
現地時間 10時(日本時間 17時)
天候 曇り   路面状況 ドライ
気温 16℃ 路面温度 19℃ 湿度 65% 

225954


1 L.ハミルトン(メルセデスAMG)1:31.754 +0.000

2 N.ロズベルグ(メルセデスAMG)1:31.973 +0.219

3 M.ウェバー(レッドブル)1:32.789 +1.035

4 A.スーティル(フォース・インディア)1:32.822 +1.068

5 K.ライコネン(ロータス)1:32.956 +1.202

6 F.マッサ(フェラーリ)1:33.065 +1.311

7 J.バトン(マクラーレン)1:33.139 +1.385

8 S.ベッテル(レッドブル)1:33.213 +1.459

9 R.グロージャン(ロータス)1:33.260 +1.506

10 S.ペレス(マクラーレン)1:33.456 +1.702

11 P.ディ・レスタ(フォース・インディア)1:33.493 +1.739

12 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー)1:33.810 +2.056

13 D.リカルド(トロロッソ)1:33.901 +2.147

14 J-E.ベルニュ(トロロッソ)1:33.976 +2.222

15 P.マルドナード(ウィリアムズ)1:34.025 +2.271

16 V.ボッタス(ウィリアムズ)1:34.200 +2.446

17 E.グティエレス(ザウバー)1:34.437 +2.683

18 C.ピック(ケータハム)1:35.674 +3.920

19 M.チルトン(マルシャ)1:35.987 +4.233

20 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム)1:36.078 +4.324

21 R.ゴンザレス(マルシャ)1:37.459 +5.705

22 F.アロンソ(フェラーリ)0:00.000


2013年F1第9戦ドイツGP フリー走行2


7月5日(金)
ニュルブルクリンク(1周/5,148km)
現地時間 14時(日本時間 21時)
天候 曇り   路面状況 ドライ
気温 19℃ 路面温度 29℃ 湿度 53%

226169


1 S.ベッテル(レッドブル) 1:30.416 +0.000

2 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:30.651 +0.235

3 M.ウェバー(レッドブル) 1:30.683 +0.267

4 R.グロージャン(ロータス) 1:30.843 +0.427

5 K.ライコネン(ロータス) 1:30.848 +0.432

6 F.アロンソ(フェラーリ) 1:31.056 +0.640

7 F.マッサ(フェラーリ) 1:31.059 +0.643

8 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:31.304 +0.888

9 J.バトン(マクラーレン) 1:31.568 +1.152

10 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:31.797 +1.381

11 A.スーティル(フォース・インディア) 1:31.824 +1.408

12 D.リカルド(トロロッソ) 1:31.855 +1.439

13 J-E.ベルニュ(トロロッソ) 1:32.055 +1.639

14 S.ペレス(マクラーレン) 1:32.086 +1.670

15 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:32.495 +2.079

16 E.グティエレス(ザウバー) 1:32.762 +2.346

17 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:32.879 +2.463

18 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:32.880 +2.464

19 C.ピック(ケータハム) 1:33.695 +3.279

20 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム) 1:33.804 +3.388

21 J.ビアンキ(マルシャ) 1:34.017 +3.601

22 M.チルトン(マルシャ) 1:34.667 +4.251

 

タミヤ モーリスミニクーパー(その3)

IMG_2524


ともかく、窓枠の銀を塗りました。
塗料はクレオスのシルバー、窓の裏側、屋根裏はこれまたクレオスのフラットホワイト。
マスキングが面倒でしたが塗装を終え剥がしてハミ出しもなく上手くいった☆


と、思った矢先に

バキッってやな音が






IMG_2525


(´;ω;`)

割れてしまいました。
いくらプラモ用塗料とはいえ、プラ自体に悪影響がない訳ないし
マスキングテープを強引に剥がしてしまったのがいけなかった。
裏から瞬着で補強したけど、この傷は目立つなぁ~


IMG_2609



傷を埋めるように瞬着を盛ります。
あとは硬化したら磨いていくんだけど

よくみたら塗装とか気に入らなくなったので
またナンシー(シンナー)風呂直行かな?
とりあえずリペアがどこまでいけるか
判断しようと思います。

じつは、ボディ一度、ナンシー風呂入れたんで
プラに悪影響あるのではと懸念してたし
まぁ、タミヤのアフターサービスでボディ発注するか
買ってきたもうひと箱からボディ取るというのも考えてます。 

でも結局、ナンシー風呂に漬け込んで
仕事行ってそのまままる一日放置しました☆

そしたらものの見事に塗装はげ落ちました☆
まぁ下地でたところもあったのでやり直した方がいいやということで☆


これからよくシンナーを拭いてから、中性洗剤で洗います。
そしてまたサフ吹きからやり直しです☆

タミヤ モーリスミニクーパー(その2)

エンジンはプラグコードをつけてみました。

IMG_2495

IMG_2502

IMG_2511
 
これだけでも見栄えが違うと思います☆

IMG_2512

100円ショップで買った小物入れ。
パーツの保管に使えるので多めに買ってます。重宝します☆

メッキパーツは一度、メッキを落とし
メッキシルバーで塗装し直しました。そろそろ切れかけているので
代用品探しているんですけど(;^ω^)


クリアー吹きました。

IMG_2513

 
でもホコリついたりカブったり(´;ω;`)
まぁ当分放置して他のパーツを作ろうかと


内装ですが組みてた説明書によるとミディアムグレーとあるんですが
実車の資料見ないで一歩的に塗ってしまって(´ヘ`;)

IMG_2514

IMG_2516

ラジエーターと配管もつけました。


教訓 資料は集めよう(笑) 

フジミ フェラーリ248F1 LAP25

デカール貼りは本当いつも四苦八苦するのは自分だけでしょうか?
ようやくここまで来た感じです。


IMG_0422

IMG_0426

IMG_0424_2

まず、塗装後クリアーがけしてペーパーがけ、コンパがけ
下地が出たらリタッチしてクリアーがけしてからデカール貼り付けしました。

でも失敗もしちゃったよ(´;ω;`)

IMG_0423

右側のボーダフォンロゴ、しわがめだっちゃったのでリタッチしたんだけど
どうもきちゃなくなってしまいました(´;ω;`)
まぁしょうがないので諦めてそのまま進めます。

IMG_0425

センターウイングはモデラーズのカーボンデカール。
ソフターが強すぎたのかしわが目立っちゃったけどなんとか貼り付けました。
かつて使った時の残りしかストックしてなかったので
しかも何度も失敗しちゃったのでこれでもう無くなっちゃいました。

カーボンデカール、これと同じパターンのってどのメーカーでも出してないから
欲しいなぁ~


ボディだけであとウイングとかはまだです(笑)
全部貼り終わるのはいつになるやら(ダメじゃん)


 

タミヤ モーリスミニクーパー(その1)

久々の模型ネタです。


以前からタミヤのモーリスミニクーパー 作ってます。
放置プレーしつつ何とか形になって来てくれてます。
トライ&エラー繰り返しつつですけど(笑)


IMG_2345

IMG_2346


仮組みした時の画像☆

さすが世界のタミヤ。古いキットなはずなんだけど
窓はちゃんとフィットしてます。


でもホイールはタボではめるだけなんで真鍮線で補強しました。
ステアリングも補強しないといけないなとこれまた真鍮線で補強
基本的にはキットの素組みで無改造です。
ですがホイールの接続はやはり瞬着で固定しました。
全くいじらずキットのまま組もうと
下地処理を終え、塗装に入ってました☆

IMG_2491


真ん中にあるチップスターの容器と比較して大きさが解ると思います。
ミニと言われるだけあって、本当小さいです☆


最初、イギリスらしく深緑なグリーンにしようかと思いましたが
ちょっと違う色にしてみました。ルマングリーンで塗装しました。
この後、パール系でコートするのもいいかも(*´∀`*)

んでこれで簡単に完成・・・
とはならないのが模型道なんですけど(´;ω;`)

 

2013F1 第8戦イギリスGP決勝

2013年F1第8戦イギリスGP 決勝結果

6月30日(日)
シルバーストーン・サーキット(1周/5,891km)×52
現地時間13時(日本時間21時)
天候 晴れ 路面状況 ドライ
気温 16℃ 路面温度 19℃ 湿度 50%

2103年F1第8戦イギリスGP 決勝結果

6月30日(日)
シルバーストーン・サーキット(1周/5,891km)×52
現地時間13時(日本時間21時)
天候 晴れ 路面状況 ドライ
気温 21℃ 路面温度 31℃ 湿度 55%

225329


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG)1:32:59.456 

2 M.ウェバー(レッドブル) +0.765

3 F.アロンソ(フェラーリ) +7.124

4 L.ハミルトン(メルセデスAMG)+7.756 

5 K.ライコネン(ロータス)+11.257

6 F.マッサ(フェラーリ)+14.573

7 A.スーティル(フォース・インディア)+16.335 

8 D.リチャルド(トロ・ロッソ) +16.543

9 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) +17.943

10 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) +19.709

11 P.マルドナード(ウィリアムズ) +21.135

12 V.ボッタス(ウィリアムズ) +25.094

13 J.バトン(マクラーレン) +25.900

14 E.グティエレス(ザウバー) +26.200

15 C.ピック(ケーターハム) +31.600

16 J.ビアンキ(マルシャ) +36.000

17 M.チルトン(マルシャ) +67.600

18 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) +67.700

19 R.グロジャン(ロータス)+1Lap

20 S.ペレス(マクラーレン)+6Laps

Did not finish

Ret S.ベッテル(レッドブル) +11Laps

Ret J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) +17Laps
 


ドライバーズチャンピオンシップ

S.ベッテル  132p

F.アロンソ  111p

K.ライコネン 98p

L.ハミルトン 90p

M.ウェーバー 87p



2013F1 第8戦イギリスGPフリー走行3、公式予選

2013年F1第8戦イギリスGP フリー走行3

6月29日(土)
シルバーストーン・サーキット(1周/5,891km)
現地時間10時(日本時間18時)
天候 晴れ 路面状況 ドライ
気温 16℃ 路面温度 19℃ 湿度 50%

225431


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:31.487 +0.000

2 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:31.633 +0.146

3 S.ベッテル(レッドブル) 1:32.037 +0.550

4 M.ウェバー(レッドブル) 1:32.078 +0.591

5 R.グロージャン(ロータス) 1:32.391 +0.904

6 D.リカルド(トロロッソ) 1:32.440 +0.953

7 F.アロンソ(フェラーリ) 1:32.454 +0.967

8 K.ライコネン(ロータス) 1:32.459 +0.972

9 A.スーティル(フォース・インディア) 1:32.536 +1.049

10 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:32.571 +1.084

11 J-E.ベルニュ(トロロッソ) 1:32.580 +1.093

12 J.バトン(マクラーレン) 1:32.926 +1.439

13 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:33.133 +1.646

14 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:33.225 +1.738

15 F.マッサ(フェラーリ) 1:33.273 +1.786

16 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:33.309 +1.822

17 E.グティエレス(ザウバー) 1:33.370 +1.883

18 S.ペレス(マクラーレン) 1:33.607 +2.120

19 C.ピック(ケータハム) 1:34.971 +3.484

20 J.ビアンキ(マルシャ) 1:34.990 +3.503

21 M.チルトン(マルシャ) 1:36.694 +5.207

22 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム) 1:37.443 +5.956


2013年F1第8戦イギリスGP 公式予選結果

6月29日(土)
シルバーストーン・サーキット(1周/5,891km)
現地時間13時(日本時間21時)
天候 曇り 路面状況 ドライ
気温 19℃ 路面温度 28℃ 湿度 43%

225497


1 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:29.607

2 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:30.059

3 S.ベッテル(レッドブル) 1:30.211

4 M.ウェバー(レッドブル) 1:30.220

5 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:30.736

6 D.リカルド(トロロッソ) 1:30.757

7 A.スーティル(フォース・インディア) 1:30.908

8 R.グロージャン(ロータス) 1:30.955

9 K.ライコネン(ロータス) 1:30.962

10 F.アロンソ(フェラーリ) 1:30.979

Q2敗退(11番手から16番手)

11 J.バトン(マクラーレン) 1:31.649

12 F.マッサ(フェラーリ) 1:31.779

13 J-E.ベルニュ(トロロッソ) 1:31.785

14 S.ペレス(マクラーレン) 1:32.082

15 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:32.211

16 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:32.359

Q1敗退(17番手から22番手)

17 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:32.664

18 E.グティエレス(ザウバー) 1:32.666

19 C.ピック(ケータハム) 1:33.688

20 J.ビアンキ(マルシャ) 1:34.108

21 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム) 1:35.481

22 M.チルトン(マルシャ) 1:35.858

2013F1 第8戦イギリスGPフリー走行1、2

2103年F1第8戦イギリスGP フリー走行1


6月28日(金)
シルバーストーン・サーキット(1周/5,891km)
現地時間10時(日本時間18時)
路面状況フルウエット
気温18℃ 湿度77% 路面温度16℃

225152


1 D.リカルド(トロロッソ) 1:54.249 +0.000

2 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:55.033 +0.784

3 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:55.354 +1.105

4 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:55.458 +1.209

5 E.グティエレス(ザウバー) 1:55.825 +1.576

6 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:56.361 +2.112

7 J-E.ベルニュ(トロロッソ) 1:57.891 +3.642

8 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム) 1:58.859 +4.610

9 M.チルトン(マルシャ) 1:59.719 +5.470

10 J.ビアンキ(マルシャ) 1:59.876 +5.627

11 F.マッサ(フェラーリ) 2:06.534 +12.285

12 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) タイムなし
 
13 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) タイムなし
 
14 R.グロージャン(ロータス) タイムなし
 
15 J.バトン(マクラーレン) タイムなし
 
16 A.スーティル(フォース・インディア) タイムなし
 
17 F.アロンソ(フェラーリ) タイムなし
 
18 M.ウェバー(レッドブル) タイムなし
 
19 S.ペレス(マクラーレン) タイムなし
 
20 C.ピック(ケータハム) タイムなし
 
21 S.ベッテル(レッドブル) タイムなし
 
22 K.ライコネン(ロータス) タイムなし 


2103年F1第8戦イギリスGP フリー走行2


6月28日(金)
シルバーストーン・サーキット(1周/5,891km)
現地時間14時(日本時間22時)
路面状況ハーフウエット
気温20℃ 湿度71% 路面温度18℃

225245


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:32.248 +0.000

2 M.ウェバー(レッドブル) 1:32.547 +0.299

3 S.ベッテル(レッドブル) 1:32.680 +0.432

4 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:32.832 +0.584

5 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:32.911 +0.663

6 D.リカルド(トロロッソ) 1:33.171 +0.923

7 J-E.ベルニュ(トロロッソ) 1:33.290 +1.042

8 A.スーティル(フォース・インディア) 1:33.313 +1.065

9 R.グロージャン(ロータス) 1:33.322 +1.074

10 F.アロンソ(フェラーリ) 1:33.494 +1.246

11 J.バトン(マクラーレン) 1:33.740 +1.492

12 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:33.896 +1.648

13 K.ライコネン(ロータス) 1:34.120 +1.872

14 S.ペレス(マクラーレン) 1:34.130 +1.882

15 E.グティエレス(ザウバー) 1:34.998 +2.750

16 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:35.070 +2.822

17 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:35.127 +2.879

18 J.ビアンキ(マルシャ) 1:35.802 +3.554

19 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム) 1:35.984 +3.736

20 C.ピック(ケータハム) 1:36.079 +3.831

21 M.チルトン(マルシャ) 1:37.329 +5.081

22 F.マッサ(フェラーリ) 1:43.466 +11.218

2013F1 第7戦カナダGP決勝

2103年F1第7戦カナダGP 決勝


6月9日(日)
ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4,361km)×70
現地時間14時(日本時間10日3時)
路面状況 ドライ
気温23℃ 湿度39% 路面温度29℃



1 S.ベッテル(レッドブル) 1:32:09.143

2 F.アロンソ(フェラーリ) +14.4

3 L.ハミルトン(メルセデスAMG) +15.9

4 M.ウェバー(レッドブル) +25.7

5 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) +1:09.7

6 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) +1Lap

7 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) +1Lap

8 F.マッサ(フェラーリ) +1Lap

9 K.ライコネン(ロータス) +1Lap

10 A.スーティル(フォース・インディア) +1Lap

11 S.ペレス(マクラーレン) +1Lap

12 J.バトン(マクラーレン) +1Lap

13 R.グロジャン(ロータス) +1Lap

14 V.ボッタス(ウィリアムズ) +1Lap

15 D.リチャルド(トロ・ロッソ) +2Laps

16 P.マルドナード(ウィリアムズ) +2Laps

17 J.ビアンキ(マルシャ) +2Laps

18 C.ピック(ケーターハム) +3Laps

19 M.チルトン(マルシャ) +3Laps

20 E.グティエレス(ザウバー)+ 7Laps

Ret N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) +25Laps

Ret G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) +27Laps

224445 (1)


ドライバーズチャンピオンシップ

S.ベッテル  132p

F.アロンソ  96p

K.ライコネン 88p

L.ハミルトン 77p

M.ウェーバー 69p

N.ロズベルグ 57p

コンストラクターズチャンピオンシップ

レッドブル  201p

フェラーリ  145p

メルセデス  134p

ロータス   114p


ようやくupすることができました(汗)

またベッテルですか・・・
ともかくアロンソが2位と上がってきたのが救いです。
キミが9位に入ってきたけどロータスの失速が気がかり。

それとマクラーレンはもうジェンスも「今シーズンは諦めた」趣旨な発言してますので
うむむ、やはりそうとう厳しいようです。

後、マシン撤去作業中のコースマーシャルの方が
クレーン車に轢かれるという痛ましい事故が発生しました。
ドライバーやメカさんもそうですがレース中にマーシャルがマシンに轢かれたり
という事故は過去にもありました。いくら安全対策や基準が上がっても
コースマーシャルも命懸けな仕事には替わりありません。
亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

2013F1 第7戦カナダGPフリー走行3、公式予選

2103年F1第7戦カナダGP フリー走行3


6月8日(土)
ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4,361km)
現地時間10時30分(日本時間23時30分)
路面状況フルウエット
気温15℃ 湿度89% 路面温度14℃

※60分間で行われるフリー走行3回目でしたが
ほかのカテゴリーでクラッシュが発生し、ターン11付近のガードレールが破損
F1のセッション開始時間までに改修が間に合いませんでした。
これでフリー走行3回目のスタートが遅延となり、フリー3は結局30分のセッションとなった。

1 M.ウェバー(レッドブル) 1:17.895 +0.000

2 A.スーティル(フォース・インディア) 1:18.248 +0.353

3 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:18.732 +0.837

4 F.アロンソ(フェラーリ) 1:18.977 +1.082

5 S.ベッテル(レッドブル) 1:19.131 +1.236

6 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:19.457 +1.562

7 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:19.496 +1.601

8 F.マッサ(フェラーリ) 1:19.750 +1.855

9 J.バトン(マクラーレン) 1:19.790 +1.895

10 K.ライコネン(ロータス) 1:20.316 +2.421

11 R.グロジャン(ロータス) 1:20.596 +2.701

12 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:21.035 +3.140

13 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:21.364 +3.469

14 M.チルトン(マルシャ) 1:21.652 +3.757

15 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:22.021 +4.126

16 E.グティエレス(ザウバー) 1:22.720 +4.825

17 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:23.058 +5.163

18 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:23.132 +5.237

19 S.ペレス(マクラーレン) 1:23.309 +5.414

20 C.ピック(ケーターハム) 1:23.620 +5.725

21 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:24.314 +6.419

22 J.ビアンキ  マルシャ) 1:26.195 +8.300

2103年F1第7戦カナダGP 公式予選


6月8日(土)
ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4,361km)
現地時間13時(日本時間9日2時)
路面状況フルウエット
気温16℃ 湿度84% 路面温度17℃

224220


1 S.ベッテル(レッドブル) 1:25.425

2 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:25.512

3 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:25.897

4 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:26.008

5 M.ウェバー(レッドブル) 1:26.208

6 F.アロンソ(フェラーリ) 1:26.504

7 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:26.543

8 A.スーティル(フォース・インディア) 1:27.348

9 K.ライコネン(ロータス) 1:27.432

10 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:27.946

Q2で敗退(11番手から16番手)

11 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:29.435

12 S.ペレス(マクラーレン) 1:29.761

13 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:29.917

14 J.バトン(マクラーレン) 1:30.068

15 E.グティエレス(ザウバー) 1:30.315

16 F.マッサ(フェラーリ) 1:30.354

Q3で敗退(17番手から22番手)

17 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:24.908

18 C.ピック(ケーターハム) 1:25.626

19 R.グロジャン(ロータス) 1:25.716

20 J.ビアンキ(マルシャ) 1:26.508

21 M.チルトン(マルシャ) 1:27.062

22 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:27.110

2013年F1第7戦カナダGP フリー走行1、2

2103年F1第7戦カナダGP フリー走行1


6月7日(金)
ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4,361km)
現地時間10時(日本時間23時)
路面状況フルウエット
気温15℃ 湿度80% 路面温度16℃

224063



1 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:21.020 +0.000

2 J.バトン(マクラーレン) 1:21.108 +0.088

3 R.グロジャン(ロータス) 1:21.258 +0.238

4 F.アロンソ(フェラーリ) 1:21.308 +0.288

5 K.ライコネン(ロータス) 1:21.608 +0.588

6 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:22.068 +1.048

7 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:22.402 +1.382

8 S.ペレス(マクラーレン) 1:22.587 +1.567

9 S.ベッテル(レッドブル) 1:23.047 +2.027

10 M.ウェバー(レッドブル) 1:23.131 +2.111

11 F.マッサ(フェラーリ) 1:23.341 +2.321

12 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:23.352 +2.332

13 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:23.386 +2.366

14 A.スーティル(フォース・インディア) 1:23.417 +2.397

15 E.グティエレス(ザウバー) 1:23.957 +2.937

16 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:25.054 +4.034

17 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:25.354 +4.334

18 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:25.753 +4.733

19 M.チルトン(マルシャ) 1:25.821 +4.801

20 A.ロッシ(ケーターハム) 1:27.143 +6.123

21 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:27.522 +6.502

22 J.ビアンキ(マルシャ) 1:29.306 +8.286


2103年F1第7戦カナダGP フリー走行2


6月7日(金)
ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4,361km)
現地時間14時(日本時間 8日3時)
路面状況ハーフウェット
気温17℃ 湿度19% 路面温度69℃

224137



1 F.アロンソ(フェラーリ) 1:14.818 +0.000

2 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:14.830 +0.012

3 R.グロジャン(ロータス) 1:15.083 +0.265

4 M.ウェバー(レッドブル) 1:15.212 +0.394

5 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:15.249 +0.431

6 F.マッサ(フェラーリ) 1:15.254 +0.436

7 S.ベッテル(レッドブル) 1:15.280 +0.462

8 A.スーティル(フォース・インディア) 1:15.396 +0.578

9 J.バトン(マクラーレン) 1:15.422 +0.604

10 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:15.566 +0.748

11 K.ライコネン(ロータス) 1:15.599 +0.781

12 S.ペレス(マクラーレン) 1:15.661 +0.843

13 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:15.855 +1.037

14 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:16.319 +1.501

15 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:16.351 +1.533

16 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:16.374 +1.556

17 E.グティエレス(ザウバー) 1:16.475 +1.657

18 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:16.929 +2.111

19 J.ビアンキ(マルシャ) 1:17.070 +2.252

20 C.ピック(ケーターハム) 1:17.236 +2.418

21 M.チルトン(マルシャ) 1:17.888 +3.070

22 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:18.392 +3.574

2013F1 第6戦モナコGP 決勝

2013年F1 第6戦モナコGP 決勝結果

5月26日(日)
モンテカルロ市街地コース(1周/3,340km)×78周
現地時間14時(日本時間21時)
路面状況ドライ
気温19℃ 湿度37% 路面温度40℃

1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 2:17:52.056

2 S.ベッテル(レッドブル) +3.8

3 M.ウェバー(レッドブル) +6.3

4 L.ハミルトン(メルセデスAMG) +13.8

5 A.スーティル(フォース・インディア) +21.4

6 J.バトン(マクラーレン) +23.1

7 F.アロンソ(フェラーリ) +26.7

8 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) +27.2

9 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) +27.6

10 K.ライコネン(ロータス) +36.5

11 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) +42.5

12 V.ボッタス(ウィリアムズ) +42.6

13 E.グティエレス(ザウバー) +43.2

14 M.チルトン(マルシャ) +49.8

15 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) +1:02.5

16 S.ペレス(マクラーレン) +6Laps

Ret R.グロジャン(ロータス) +15Laps

Ret D.リチャルド(トロ・ロッソ) +17Laps

Ret J.ビアンキ(マルシャ) +20Laps

Ret P.マルドナード(ウィリアムズ) +34Laps

Ret F.マッサ(フェラーリ) +50Laps

Ret C.ピック(ケーターハム) +71Laps


ドライバーズチャンピオンシップ

S.ベッテル  107p

K.ライコネン 86p

F.アロンソ  78p

L.ハミルトン 62p

M.ウェーバー 57p

N.ロズベルグ 47p

コンストラクターズチャンピオンシップ

レッドブル  164p

フェラーリ  123p

ロータス   112p

メルセデス  109p

223675



ニコがモナコ制覇とはッ
お父さん(ケケ)が確か1983年ウイリアムズで征してその30年後
まさかの息子が征するとは(*´∀`*)
予選だけ良かったと言われていたメルセデスがようやく勝てたのには
メルセデスにとっても良かったね☆
 
んでペレスに追突され危うく
連続ポイント獲得の記録が途絶えるところだったキミは
何とか10位に入りましたが怒り心頭だったろうな。
なんせペレスは自分の非を認めないんだもの。
グロジャンは次戦カナダGPでは10グリット降格だけど
ペレスは一戦出場禁止処分でもいいのでは?

2013F1 第6戦モナコGP フリー走行3、公式予選

2013年F1 第6戦モナコGP フリー走行3

5月25日(土)
モンテカルロ市街地コース(1周/3,340km)
現地時間11時(日本時間18時)
路面状況ドライ
気温19℃ 湿度29% 路面温度29℃

223228


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:14.378 +0.000

2 R.グロジャン(ロータス) 1:15.039 +0.661

3 S.ベッテル(レッドブル) 1:15.261 +0.883

4 F.アロンソ(フェラーリ) 1:15.286 +0.908

5 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:15.311 +0.933

6 K.ライコネン(ロータス) 1:15.380 +1.002

7 M.ウェバー(レッドブル) 1:15.550 +1.172

8 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:15.594 +1.216

9 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:15.861 +1.483

10 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:15.926 +1.548

11 S.ペレス(マクラーレン) 1:15.958 +1.580

12 J.バトン(マクラーレン) 1:15.976 +1.598

13 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:15.976 +1.598

14 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:16.060 +1.682

15 A.スーティル(フォース・インディア) 1:16.068 +1.690

16 F.マッサ(フェラーリ) 1:16.105 +1.727

17 E.グティエレス(ザウバー) 1:16.427 +2.049

18 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:16.933 +2.555

19 C.ピック(ケーターハム) 1:17.902 +3.524

20 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:18.102 +3.724

21 J.ビアンキ(マルシャ) 1:18.706 +4.328

22 M.チルトン(マルシャ) 1:19.228 +4.850


2013年F1 第6戦モナコGP 公式予選

5月25日(土)
モンテカルロ市街地コース(1周/3,340km)
現地時間14時(日本時間21時)
路面状況ドライ(ハーフウエット)
気温17℃ 路面温度23℃

223471


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:13.876

2 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:13.967

3 S.ベッテル(レッドブル) 1:13.980

4 M.ウェバー(レッドブル) 1:14.181

5 K.ライコネン(ロータス) 1:14.822

6 F.アロンソ(フェラーリ) 1:14.824

7 S.ペレス(マクラーレン) 1:15.138

8 A.スーティル(フォース・インディア) 1:15.383

9 J.バトン(マクラーレン) 1:15.647

10 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:15.703

Q2で敗退(11番手から16番手)

11 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:18.331

12 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:18.344

13 R.グロジャン(ロータス) 1:18.603

14 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:19.077

15 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:19.408

16 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:21.688

Q1で敗退(17番手から22番手)

17 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:26.322

18 C.ピック(ケーターハム) 1:26.633

19 E.グティエレス(ザウバー) 1:26.917

20 M.チルトン(マルシャ) 1:27.303

21 J.ビアンキ(マルシャ) 0:00.000

22 F.マッサ(フェラーリ) 0:00.000


またメルセデスがフロントロー
ここモナコであとタイヤをどう使いかで前回のように
ズルズルと後方に沈む事はないと思いますが。
あんまり目立ちませんがマクラーレンがホンダ効果なんでしょうか?
Q3進出してきました☆
それとマッさん・・・
ここモナコで最後尾スタートとなってしまいましたが
ここは手堅く完走狙いで1ポイントでも獲得狙いで。


出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

F12013 第6戦モナコGP フリー走行1、2

2013年F1 第6戦モナコGP フリー走行1

5月23日(木)
モンテカルロ市街地コース(1周/3,340km)
現地時間10時(日本時間17時)
路面状況ドライ
気温23℃ 湿度28% 路面温度32℃

223145


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:16.195 +0.000

2 F.アロンソ(フェラーリ) 1:16.282 +0.087

3 R.グロジャン(ロータス) 1:16.380 +0.185

4 F.マッサ(フェラーリ) 1:16.394 +0.199

5 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:16.469 +0.274

6 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:16.993 +0.798

7 M.ウェバー(レッドブル) 1:17.020 +0.825

8 J.バトン(マクラーレン) 1:17.129 +0.934

9 S.ペレス(マクラーレン) 1:17.378 +1.183

10 S.ベッテル(レッドブル) 1:17.380 +1.185

11 K.ライコネン(ロータス) 1:17.509 +1.314

12 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:17.548 +1.353

13 A.スーティル(フォース・インディア) 1:17.625 +1.430

14 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:18.193 +1.998

15 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:18.454 +2.259

16 E.グティエレス(ザウバー) 1:18.754 +2.559

17 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:18.830 +2.635

18 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:19.067 +2.872

19 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:19.203 +3.008

20 C.ピック(ケーターハム) 1:19.438 +3.243

21 J.ビアンキ(マルシャ) 1:19.773 +3.578

22 M.チルトン(マルシャ) 1:20.225 +4.030


2013年F1 第6戦モナコGP フリー走行2

5月23日(木)
モンテカルロ市街地コース(1周/3,340km)
現地時間14時(日本時間21時)
路面状況ドライ
気温22℃ 湿度31% 路面温度45℃

223217


1 N.ロズベルグ(メルセデスAMG) 1:14.759 +0.000

2 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:15.077 +0.318

3 F.アロンソ(フェラーリ) 1:15.196 +0.437

4 F.マッサ(フェラーリ) 1:15.278 +0.519

5 M.ウェバー(レッドブル) 1:15.404 +0.645

6 K.ライコネン(ロータス) 1:15.511 +0.752

7 R.グロジャン(ロータス) 1:15.718 +0.959

8 J.バトン(マクラーレン) 1:15.959 +1.200

9 S.ベッテル(レッドブル) 1:16.014 +1.255

10 P.ディ・レスタ(フォース・インディア) 1:16.046 +1.287

11 A.スーティル(フォース・インディア) 1:16.349 +1.590

12 S.ペレス(マクラーレン) 1:16.434 +1.675

13 N.ヒュルケンベルグ(ザウバー) 1:16.823 +2.064

14 P.マルドナード(ウィリアムズ) 1:16.857 +2.098

15 E.グティエレス(ザウバー) 1:16.935 +2.176

16 D.リチャルド(トロ・ロッソ) 1:17.145 +2.386

17 J-E.ベルニュ(トロ・ロッソ) 1:17.184 +2.425

18 V.ボッタス(ウィリアムズ) 1:17.264 +2.505

19 J.ビアンキ(マルシャ) 1:17.892 +3.133

20 C.ピック(ケーターハム) 1:18.212 +3.453

21 M.チルトン(マルシャ) 1:18.784 +4.025

22 G.ヴァン・デル・ガルデ(ケーターハム) 1:19.031 +4.272</span>


伝統のモナコモンテカルロに移ったF1GP
やはりモナコGPは観客にとっても観に行くのは夢だよねぇ~(*´∀`*)

今回フリー1,2ともニコだったんだけど
前回メルセデスは予選はフロントローだったのに
本戦ではピレリとマッチしてなかったのかズルズルと後退。
タイヤがあんまりいい評判じゃないピレリワンメイクなので
ピレリしか使えないんだけど、ここまでライフが短いのには…
でもライコネンとかうまく持たせているドライバーもいるので
やはりドライバーによっては使いこさせている人もいれば
全く活かす事が出来ない方の差がはっきりでているのは明らか。
それとシャシーとタイヤのバランスが合ってないのもあるのかも
ピレリもイギリスGPまでには改良すると言ってますけどどうなるやら…
出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)

やっぱりF1マシンはいい

という訳で青山で撮影しまくりました。

IMG_0274


MP4/4、かっけぇ~。
でもヘットレストは当時、セナ、プロストのどちらでもないのが
付けられてましたが、デモラン仕様した時のシャシーなんでしょうか?
(車検票はグッドウッドの物がつけられていた)

IMG_0305


外見はイギリスGP以降のターボダクト無しタイプ。
ウイングはフラップ一枚の寝かせている高速用のタイプ

IMG_0307

IMG_0279

IMG_0317

タミヤのMP4/4レストア用の資料として隅々まで
撮影させてもらいました。全部載せきれないのでほんの少しです(笑)

IMG_0340

IMG_0347

IMG_0356

IMG_0370


F1初勝利のRA272と今のところ最後の勝利のRA106も
展示されてました。けどやはりMP4/4がダントツで人気でした☆

写真は撮りませんでしたが外でCRーZが展示してあったので
ちょっと乗ってハンドル握ってみました。
なんか、いろいろスイッチ類が多くてどれがどれだかわかんない(笑)

こういうイベント、またやってもらいたいなぁ~


 




タミヤ 1/20 マクラーレン ホンダMP4/4 (1/20 グランプリコレクション:20022)
タミヤ 1/20 マクラーレン ホンダMP4/4 (1/20 グランプリコレクション:20022) [おもちゃ&ホビー]


  出来たらこちらも協力お願いしますm(__)m

banner (1)
livedoorプロフィール
Twitter プロフィール
いろいろぼやいてます(笑)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    最新記事
    カテゴリー
    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
    livedoor 天気
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ